シナリオ『不可視の慟哭』ver1.10公開

 新年初の記事投稿となります。去年の師走は非常に忙しくまともに記事が上げられず、本ブログを楽しみにされていた方には申し訳ありませんでした。年始もやや忙しいのですが、極力毎週末投降を続けられるよう努力していきます。今年もクトゥルフ神話TRPGプレイ日記をぜひともお願い致します。
 さて、新年初めての記事は時々お話していたシナリオ『不可視の慟哭』の公開記事となります。このシナリオに関しては前回の記事で簡潔に紹介しているので、興味がおありの方はまずそちらをご覧ください。少なくとも今自分が書きうる最高クラスのシナリオであると自負しており、納得のいく一本となりました。こと身内卓の住人であるLANDOROS氏には長々とシナリオ修正にお付き合いいただき、格別の助力を賜りました。この場を借りて謝辞を述べさせていただきます。
不可視の慟哭紹介画像.png
 一つ注意点として、シナリオ内に上げられているBGM・効果音のプレーヤーはあくまで試聴用ブログBGMとして設置されているものなので、ダウンロードはリンク先の配布サイトからお願い致します。
このシナリオにおいて使用させていただいた素材サイトは
On-Jin ~音人~様
H/MIX GALLERY様
びたちー素材館様
となっております。


シナリオ『不可視の慟哭』

1.はじめに
 このシナリオはPL2~6人向けのクトゥルフ神話TRPGシナリオです。舞台は現代日本、クラッシックスタイルのシティシナリオで、予想セッション時間はボイセで6~9時間ほどになります。自作キャンペーンシナリオの第一弾として作られていますが、キャンペーン要素は薄くなっているため単発のシナリオとしてもご利用いただけます。シナリオトレーラーに関してはこちらを参照してください。その他、シナリオ内で蠢く各アクターの動きをまとめて解説した記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。
 また、シナリオのワード版、シナリオ内の画像と自作音声ファイル、iedit(詳しくはこちらの記事参照)で作成した情報付きフローチャート及びiedxファイルの配布を開始しましたので、入り用の方はこちらからダウンロードしてください。

2.シナリオ概要
 探索者たちは行方不明になった共通の友人である「西条新一」の捜索を、その婚約者である「宮崎春香」から依頼されることになる。調査を進めるなかで、巨大な権力による圧力の存在や謎の追跡者、そして西条新一と最後に合っていた幼馴染「山内保」の存在に気が付く。
 山内保に関して調べを進める中で、やがて新一本人から直接連絡を取り合うことに成功する。しかし、この時点で彼は既に独立種族「スペクトラル・ハンター」の変わり果てた姿へと変貌していた。彼の姿を目撃するかどうかは探索者の動き次第だが、彼は婚約者の春香にこの姿を見せることを拒む。その上で引き続き山内を調べ、彼が自分を陥れたのかどうかについて確かめてほしいと頼み、山内の家の鍵を彼の妹が持っているとの情報を伝える。
 シナリオのクライマックスは、この新一の一件に山内が関わっていた証拠を山内に突きつけることで開始される。以降の展開はシナリオ内における新一とのやりとりに加え、山内との交渉態度で変化するが、いずれの場合にも黒幕たるニャルラトホテプの導いた悪しき因果のもとに結果は収束し、山内は死の罰を受けることになる。スペクトラル・ハンターとなった新一との戦闘を回避し、彼を元の姿へと戻すことは可能だが、この一件の爪痕、そして黒幕たる「ファーゴ」の存在は当事者たちの心に深く刻まれることだろう。
シナリオをどのような形であれ終えられた探索者は、自らが用意した因果の糸に干渉した存在として、「這い寄る混沌」ニャルラトホテプの注目を受けることになる。この一件は、探索者の身に降りかかる神話的災厄、そして日本、ひいては世界が危機に瀕する、人類史上最大級の大事件の端緒となる出来事でもあった……。

3.NPC紹介
西条新一 運命をもてあそばれた男 32歳
STR9 CON8 POW17
DEX9 APP16 SIZ14
INT16 EDU18 DBなし
HP11 MP17
【所持技能】
目星40%、図書館65%、ナビゲート20%、ほかの言語(英語)60%、オカルト35%、信用25%
 探索者達にとっての共通の友人で、彼が世界的な企業グループ「北条財閥」の主要系列企業「北条電信」に勤めていたこと、そして半年ほど前からしばらく疎遠になっていたことを知っています。メールや電話をしても「今は忙しいから」としてほとんど会話もできませんが、激務であるとは聞いていたため、この点に関してはそこまで強い疑問を抱くこともないでしょう。
 彼は北条財閥を不正会計問題影響で懲戒免職になった後、社から再就職の妨害を執拗に受け続けた末、財閥の圧力の及ばないアヤカシヤ出版社に再就職します。しかし、その出版社は何かと悪い噂が絶えない会社であったため、心優しい彼は親しい人に無用な心配をかけないよう、勤め先を明かそうとはしなかったのです。
 唯一彼がこのことを打ち明けたのは、幼馴染にして最大の親友であり、かつては同期の同僚として北条財閥の同じ系列会社に勤めていた、山内保でした。しかし、その行為が彼の人生を終わらせる最後のトリガーとなってしまいます。

不可視の怪物「スペクトラル・ハンター」 西条新一の成れの果て
STR23 CON8 POW17
DEX9 SIZ18 INT16
HP10 MP17 DB+2d6
現在正気度5
【戦闘技能】
鉤爪50% ダメージ1d6+db
噛みつき30% ダメージ3d6
同ラウンドに鉤爪と噛みつきによる攻撃が可能
【所持技能】
知覚技能は80%固定、その他は適宜設定
装甲:1ポイントの皮
 山内保の使用した呪文により、西条新一は不可視の怪物「スペクトラル・ハンター」へと変身させられてしまいます(シナリオ上オリジナルと異なる設定がありますが仕様です)。通常この呪文によって変身を遂げた人間は狂気に陥ってしまいますが、「新一」は婚約者への強い思いからかろうじて正気を保ちました。彼は混乱から立ち直ると状況を把握し、婚約者の宮崎春香に別れの手紙を送ります。送付した婚約指輪とあの文面は彼の「人生」への未練の表れですが、これは程よいノイズとなることでしょう。
 探索者たちの動きを観察していた「新一」は、やがて彼らと接触し、山内保が本当に自分を陥れたのかどうか調べてほしいと頼みます。最終局面の流れは、探索者が彼にどのような形で情報を伝えるかによって変わっていくでしょう。「新一」が正気を失って完全にスペクトラル・ハンターとなった場合、彼の魂が半分混入しており、肉体と精神が連結している婚約指輪(の宝石)を破壊することでこの神話生物は死亡します。


宮崎春香 28歳
STR7 CON10 POW10
DEX14 APP14 SIZ12
INT10 EDU12 DBなし
HP11 MP10 現在正気度50
【所持技能】
目星40%、聞き耳40%、図書館45%、忍び歩き60%、隠れる50%、精神分析55%、信用40%、コンピューター20%
 西条新一の婚約者です。新一との接点は大学卒業後でしたが、どのような形にするかは自由です。彼女に関しては探索者との接点があっても問題ないので、探索者と新一との接点に組み合わせてもいいでしょう。
 彼女は新一のことを強く想っていますが頭はあまり良くなく、新一を探すにしても自分から何かを思いつくということがあまりありません。探索者の指示には基本的に応じますが、彼女が探索をリードすることは基本的にないでしょう。しかし、新一に関する出来事だけに関しては彼女の勘が良く働きます。

山内保 哀れな道化師 32歳
STR13 CON15 POW12
DEX14 APP14 SIZ15
INT15 EDU17 DB+1d4
HP15 MP12 現在正気度49
【戦闘技能】
武道(柔道、組み技系)50%、組み付き60%、こぶし60%
【所持技能】
目星45%、聞き耳35%、図書館60%、心理学80%、言いくるめ45%、説得60%、コンピューター65%、信用55%
所持武器:護身用スタンガン
所持呪文:《スペクトラル・ハンターへの変身(改変版)》、《被害をそらす》
 両親もいない中、難病の妹の治療費を稼ぎながら日常生活を送っていた苦労人の山内です。邪なる悪意によって惑わされて友人を破滅の道へと追いやり、最後には自分の身をも滅ぼしてしまいます。

佐藤順哉 ミスターサトウ、あるいは歩くジャーナリズム
STR14 CON11 POW14
DEX14 APP11 SIZ10
INT17 EDU19 HP11 MP14
 アヤカシヤ出版社編集長の佐藤順哉はこのキャンペーンの重要人物です。このシナリオでは、探索に必要な情報を与えるだけの役割しかありませんが、第二話との幕間においてこのシナリオで発生する事件を独自に調べた結果探索者たちへとたどり着き、次のシナリオへの導入へと繋がることになります。

山内弥生 命を繋ぐもの 17歳
STR8 CON12 POW9
DEX7 APP14 SIZ10
INT11 EDU14 DBなし
HP11 MP9
 若くして臓器が不全状態に陥っていく原因不明の病を10年前に発症し、以来病院生活を余儀なくされている山内保の妹です。国の難病治療支援を受けていましたが、半年前に突然国からの支援が打ち切られ、このことは保が新一を裏切る原因の一つになります。シナリオ終了後は“奇跡的に”病気が完治し、予後観察のため筑馬(ちくま)市の最先端医療センターに通いながら、行方不明となった兄を探し続けることになるでしょう。

ファーゴ よく当たる占い師、あるいはニャルラトホテプ
 シナリオ内の様々な場所で暗躍をするこの神格は、一般にニャルラトホテプと呼ばれる存在です。10年前に西条弥生の病気を引き起こしたことに始まり、魔術を教え、脅迫文書を送り付け、山内保が西条新一を陥れる全ての原因を作りました。保の死と共に彼の人生を縛っていた妹の難病が完治することも、この邪神が残した最大級の皮肉です。

4.特別ルール
 このキャンペーン向けに用意された特別ルールです。採用の可否は各々のKPに任せます。
〇心理学対抗ロール
 使用対象が51%以上の〈心理学〉を持っているとき発生します。〈心理学〉使用宣言時、「相手が自分の心理を隠そうとしている(読まれたくないと思っている)」場合、「使用対象は自分の心理を読まれたくないようです」と宣言した上で、使用者の〈心理学〉技能値-対象の〈心理学〉技能値+50%を達成値として判定を行います。
(例)相手〈心理学〉60%、PC〈心理学〉80%の場合、80-60+50=70となり、達成値70で1d100ロールを行います。
 この特別ルールは〈心理学〉に長けていればそれを防御する方法も心得ているだろうという推論から作られたものですが、本キャンペーンではPCによるNPCが敵か味方か、利害は一致するのかといった判断を行いやすくする効果があります。なお、相手が動揺している場合などはこのルールは発生せず、動揺している事実も使用者に伝わることでしょう。
〇探索者作成ルールの変更
 このシナリオの日本は殆どの人間が定時退社の超絶ホワイト国家であるため、探索者たちは存分に趣味に没頭することができます。そのため、職業技能ポイントと趣味技能ポイントの配分が逆転し、職業技能ポイントがEDU*10ポイント、趣味技能ポイントがINT*20ポイントとなります。
〇幕間の成長に関して
 このシナリオの日本は極めて労働生産性が高いため、探索者たちは限られた経験と時間で様々なスキルに磨きをかけることができます。そのため、シナリオ内で成功した技能には全て成長チェックが付き、セッション中特に光った技能一つに関しては、成長ロールを行うことなく1d10ポイントの技能成長を行います。

5.推奨技能
 ここでの技能に関する記述は、キャンペーン全体を見越してのものとなっています。推奨技能は確実に使用頻度・重要性が高いものを書いており、準推奨技能には、持っていれば行動の幅を広げられるであろう技能を書いています。このシナリオを単発で回す予定の場合、☆が付いている技能だけで構いません。
○推奨技能
心理学…一人は持っていた方がいいでしょう。特別ルールを採用すればやや強力に。
交渉系技能…交渉が役に立つ場面はままあります。
☆コンピューター…様々な場面で使える機会が出てきます。
図書館…資料漁りの機会は間違いなく多くなります。
☆精神分析…発狂した探索者を使い捨てる気なら取らなくてもいいでしょう。
鍵開け…一人は持っていた方がいいです。
☆オカルト…役立つ場面はそれなりにあります。
戦闘技能…まず護身ができますし、行動の幅も増えるでしょう。最低でも二人はまともな戦闘技能を持つことを推奨しますが、幕間の成長に頼るのもいいかもしれません。
○準推奨技能
隠密系技能…行動の幅が増え、死ぬ可能性も低くなる(はず)。
法律…単純にシナリオ内で使える場面はいくつかあります。考え方によっては重要な技能になり得るでしょう。
☆回避…生き残る可能性を上げたいなら。

 また、一部マイナー技能に関しては使用可能タイミングをPLが理解していない場合がありますので、そういった場合にはKP側から提示するようにしてください。KP側から情報をポンポン出しすぎてもいけませんが、わざわざ隠す必要もありません。

6.キャラクター制作時の設定
 このキャンペーン及びシナリオに参加するPCは必須の事前設定として、キャンペーンを通して都内に滞在できる立場であることに加え、登場NPC「西条新一」の友人である必要があります。また、その上でシナリオの都合上彼と知り合ったタイミングは「大学のサークル」あるいは「西条新一が社会人となった後」に限定され、幼馴染といった関係は禁止とします。必須ではありませんが、探索者同士の関係はあった方が導入はスムーズでしょう。

7.導入
 探索者たちは共通の友人である西条新一が行方不明となったことを彼の婚約者である宮崎春香から告げられ、彼を捜してほしいと頼まれます。捜索願を出したものの一向に連絡がなく、捜索状況を尋ねても中身のある返事が得られないため、警察は当てにならないと判断して知人に頼っているとのことです。
 この時点で春香が新一の失踪に関して知っているのは以下の情報となります。
・長期の出張から帰ってきて三日後に大事な話があると聞いていたのに約束の時間に現れず、家に行ってみても新聞が玄関先に溜まっており、帰っていないことに気がついて警察に届け出を出した。
・理由は聞かされていないが、半年ほど前に勤めていた北条財閥系列企業の「北条電信」を退職した。新しい勤め先については彼がどうしても話したがらないため、無理には聞き出さなかったが、どうも再就職は難航していたようである(北条財閥に関して〈知識〉ロールに成功すれば、◆北条財閥についての情報が得られます)。
・警察に何度か捜査の進展状況を聞きに行ったものの、どうにも歯切れの悪い受け答えで実際に捜査が行われているのかさえ怪しかった。
 また、彼女に新一の友人関係などを尋ねれば、◆新一の交流者リストを渡します。
◆新一の交流者リスト
 宮崎春香が自力で作り上げたリストであり、彼の交友関係の殆どを網羅しています。名前の大半に×が付いており(その中には山内保も含まれます)、探索者の名前の部分にのみ○が付いているほか、一部が何も書かれていないか、△と書かれています。
 このリストは、後々山内保が宮崎春香に西条新一の情報を提供していなかったという点で彼への疑念を深めさせるためのものですが、このリストからの情報にこだわるようであれば、山内保が彼の幼馴染であるという情報を出してもいいでしょう。山内保はこの時点でまだファーゴからのメールが届いておらず、静観を決めています。
 春香はもうしばらくこのリストと個人のつてを頼って新一を探してみると言い、この時点では探索者と行動を共にしません。
 また、北条財閥に関して〈知識〉ロールに成功すれば、以下の情報が得られます。
◆北条財閥について
 戦前から日本経済の中核をなす財閥です。近年業績が低迷していましたが、10年前に前社長の急死に伴い北条圭が社長に就任して以来、優良企業を次々に買収して版図を拡大し、一挙に世界規模の巨大企業体になりました。その影響力の大きさから良くも悪くも何かと噂の絶えない企業ですが、不思議と不祥事などの出来事はあまり報道されません。

8.警察署
 一般人である探索者がずかずかと警察署の中まで入っていくことはできないので、基本的には受付の警察官の応対を受けることになります。新一の捜索状況を確認する場合、住所氏名と連絡先を書くよう要求され、それを渡すと受付の警察官は端末を使って検索を開始します。
 しかし、新一の失踪届に関しては受理こそされているものの全く手を付けられておらず、捜索された形跡は一切ありません。このことを確認した警察官は「あぁ…」と意味ありげな反応を見せることでしょう。〈言いくるめ〉や〈説得〉に成功すれば、このような不自然な放置のされ方は、おそらく上からの圧力で捜索が差し止められていると小声で漏らしますが、失敗の場合は「まだお探しの方は見つかっていないようですね」と流されてしまうことでしょう。
 この場所で警察官から得られる情報は以下になります。ただし、☆の付いている情報は交渉技能に成功していないと入手できません。
・新一の勤め先はアヤカシヤ出版社というところである。
・自宅は現場保存のため、一般人は入らないようにとの忠告。
☆誰が圧力をかけているかはわからないが、政治家や大企業でなければ警察の捜査を差し止めることは難しい。

9.アヤカシヤ出版社
♪~BGM:静かに(n43)

 西条新一が勤めている雑誌社です。会社の入っているビルのフロアには◆アヤカシヤ出版社のロゴを見ることができるでしょう。
◆アヤカシヤ出版社のロゴ
ca5bf36c-da50-4510-bd1b-3d5fc549d26d.jpg
 社内には看板雑誌である『マー』の記事があちこちに散乱しており、怪しげな雰囲気を放っています。この出版社に関して〈知識〉ロールに成功すると、この雑誌の執筆者が不可解な死を遂げたとか、読んだ人々が集団自殺をしたとか、あるいは集団失踪をしたなどという報道が一時期盛んになされた曰く付きの雑誌社であることがわかるでしょう。また、『マー』に関しての〈知識〉/2か〈オカルト〉+30ロールに成功すれば、この雑誌が単純なオカルト雑誌であるだけでなく、「為政者が隠した真実を暴く唯一の雑誌」と題して「アメリカが宇宙人と交信している」とか、「巨大地震は地中深くに眠る神々の怒りによるもの」など、政治・社会的事件から陰謀論に至るまで様々な出来事に対して独自の視点から記事にしている雑誌であるということがわかります。この情報は〈図書館〉などを用いればインターネット上でも入手できます。
 新一を探している旨などを近くの人間に話せば、書類の山の中からアフロを反り上げながら編集長「佐藤順哉」が姿を現し、話を聞くことが出来るでしょう。

「俺のことはミスターサトウと呼んでくれ。本名は嫌いなんでね。」

 彼は編集長として多忙の身であることに加え、危険な取材を厭わない社風から社員の不幸にもそこまで関心はありません。そのため、今回の件に関しては探索者たちとこのシナリオにおいて同行することはないです(キャンペーン第二話には確実に出てもらう必要があるため)。新一のことに関して聞くことで彼が与える情報は以下の通り。
・最近新一はエジプトの奥地に住む部族が儀式に用いている珍しい宝石の取材を終えて帰ってきたばかりで、現在は長期休暇中である。休暇中に記事をまとめてもらい、休暇明けに提出してもらう予定。
・新一に存在を教えてもらって会いに行った路地裏の占い師がエジプトに住んでいたことがあるとかで、宝石を作っているという部族の住む地域を教えてもらい、取材することを決めたとのこと。
・サトウ曰く、その占い師はいわゆる「本物」の部類であり、「あの占い師の腕には太鼓判を押すから、もし会えたら是非とも占ってもらうといい」と言う(出没場所としてバー「Queen」の裏路地を教えてくれる)。
・宝石が手に入ったらその占い師に詳しく見てもらおうと思い、その後も何回か足を運んだが、折悪しく店を出しているときに立ち会えなかった。
・どういう訳か取材対象の宝石を手に入れたらしいが、それは新一にそのまま与えると伝えた。本人はそれを聞くと、現地で婚約指輪に加工してフィアンセにあげると喜んで話していた(だから自殺とかはないだろう)。
・報告を受けたのはエジプトから帰ってきてすぐだったが、タフなことに仕事終わりは家に寄った後飲みに誘われた幼馴染とバーに行くと話していた。

 そのほか、彼に北条財閥の圧力について尋ねる場合、聞き出すために〈信用〉、〈説得〉ロールが必要になります。
☆西条新一を雇用する際、何故か北条財閥から圧力がかかった(サトウのコネを総動員して圧力をはねつける事には成功したが、悪い噂をあることないこと流されるなどの業務妨害を受けた)。
☆以前も北条財閥に対する醜聞(北条財閥総帥北条圭と秘書のスキャンダルなど)は報道していたので、このタイミングで圧力がかかったことを奇妙に思っていた。
☆カウンターとして犯罪すれすれの手口で仕入れた内部不正問題に関する特ダネをぶつけたところ、ようやく目立った圧力はなくなった。
 この特ダネとは、北条財閥不正会計問題のことです。この点を尋ねれば、内容をかいつまんで聞くことが出来るでしょう。

10.「新一」からの贈り物
 このイベントは探索者が導入から数えて二つの場所を訪れた後発生させてください。
♪~効果音:携帯着信01

 西条新一の失踪に別の存在や大きな権力の存在を感じ始めたころ、春香から新一名義の小包が送られてきたから中身を一緒に見てほしいという連絡が入ります。これを受けて探索者たちが再び春香の下へと赴くと、家の中に居る山内保と遭遇します。やや驚いた様子の保に春香が探索者たちを紹介すると、今度は探索者に「新一の幼馴染で、探索者たち同様新一を探してくれている」人であるということを教えてくれるでしょう。探索者達がやって来た事を確認すると山内は立ち去ろうとするものの、呼び止めればそのまま会話に同席することになります。表面上は立場が同じもの同士、また16.警告メールの足掛かりとするため、連絡先の交換をこのタイミングで行いましょう。この場合、山内保は探索者に北条電信の名刺を渡します。
 一足先に中身をあらためていたようで、テーブルの上には◆破られた封筒と、一つの■指輪、そして◆手紙が置かれています。
◆破られた封筒
 封筒の上部が手で破られており、中身を丸め込むようにして口がテープで雑に貼り付けられています。差出人や宛名は「西条新一」とはっきり書かれていますが、文字類は全てパソコンでプリントされているようです。
 これはアヤカシヤ出版社独自ブランドの封筒で、スペクトラル・ハンターとなった西条新一が自分で作成して送ったものです。新一の家には破れた封筒の上部が落ちています。
■指輪
 外国風のケースに収められた指輪です。黒曜石のように艶があり、それでいて透き通っていて、かつダイヤに勝るとも劣らない輝きを放っているという不思議な宝石があしらわれています。
 〈目星〉に成功すれば、よく見てみると石の内部がくすんでいることがわかるでしょう。〈オカルト〉ロールに成功すれば、この宝石はエジプトの奥地に住む部族が儀式を行う際に用いられる魔石(魔力のこもった石)の一種を加工したものであるということに気が付きます。同時に〈アイデア〉に成功すれば、未加工でも内部から不思議な輝きを放つと言われている魔石なのに、この石はその輝きが失われてしまっていることに違和感があるでしょう。〈クトゥルフ神話〉に成功すれば、この石にはPOWがこめられており、しかもこの石は既に何らかの魔術に使用されているということも判別できるでしょう。この魔石には10POWポイントが込められており、山内保が行った《スペクトラル・ハンターへの変身(改変版)》の呪文の代償として用いられました。
 探索者からの強い要望がなければ、基本的に春香はイベント以降この指輪を身に着けて行動します。
◆手紙
 手書きではなく、パソコンで編集した文書を印刷したようです。フォントや文字の大きさは山内保の下へと送られた脅迫文と全く同じになっています。
「春香へ
ぼくはわk合って遠くへ行くことになた、もしかしたら、君とみもう会えなかもsれない。 どうふyしたのが、僕のきみに渡すつもりだった結婚ん指輪だ・こんな形でsかわたせなことを本当にすまないと思っていり。もし君ん心が僕からはなれた時h、そに指輪をすててくれ、
新一い」


11.山内への詰問
 ここまで情報を入手しており、春香の幼馴染であるという紹介を聞いたなら、山内に何も質問せず帰るということはないでしょう。この時点での想定問答をいくつか書いておきます。山内保は基本的に不利な情報を漏らしませんから、露骨に犯人と疑うようならいらだちを見せるでしょう。この時点では山内の行いに関する直接的な証拠はおろか間接証拠も殆ど得ていないので、彼を問い詰めるには限界があります。彼の追及にPLがこだわるようなら、春香を仲裁にやる、山内が激怒して出ていくなどの措置を取ってください(最悪警察でも呼びましょう)。
・バー「Queen」に行ったかどうか
→自分は行ってないと答える
・バー「Queen」にあった手帳に関して聞く
→知らないと答える (が、動揺は見せるため〈心理学〉に+20のプラス補正)
・幼馴染と飲みに誘われていると言って会社を出て以来行方不明になっているらしい
→飲みに誘ったのは事実だが、そもそも約束した時間に新一は来なかったと告げる。待ち合わせ場所を聞くと、やや間をおいてでたらめな場所を答える。
・北条財閥が西条新一を解雇した件
→会社の不祥事の尻拭いをさせられて気の毒だと答える。自身も尽力したが決定は覆らなかったとのこと。
・北条財閥が西条新一の捜索などを妨害している可能性について
→見せしめとして不名誉退職者に対して嫌がらせを行っているとの噂は聞いたことがあるものの、新一からそういった話は聞いていない。警察への圧力に関しては北条財閥の影響力なら可能だろうが、動機については心当たりがないと答える。
・新一名義の封筒について
→新一は性格的にこういった重要なものに関しては手書きの手紙を好むし、婚約者に対してこのような怪文書を送りつけたり、指輪を手渡しでなく郵送で送ってくるのはおかしいと答える(〈心理学〉成功時は「彼が本当はこの手紙を新一が送ったものだと思っている」のではないかと感じる)。

12.透明な足跡
♪~効果音:物音03(カタン)

 山内への詰問が終わろうかというころ、探索者たちが話しているリビングのベランダで、明らかな物音がします。山内と宣言のあった探索者がベランダを確認すると、そこには誰もいません。小さな植木鉢が倒れているのが確認でき、これが先ほどの物音だろうと推測できます。しかし、〈目星〉に成功すれば、あまりベランダには出ていないのかうっすらと積もった土埃の層に、30cmほどの足跡が確認できることに気が付くほか、窓ガラスの下から2mほどの位置に顔の油らしきものが付着していることに気が付きます(新一が中の様子に聞き耳を立てていたのです)。なお、この時山内に対する〈心理学〉が成功した場合、彼が焦っている様子を感じ取ることができるでしょう。
 また、春香の家における一連のイベントが終了すると、春香は探索者たちか山内保のどちらかに合流しようとします。山内はこの時点では指輪がキーアイテムであることを知らない(メールを見ていない)ため、積極的に春香と行動を取ろうとはしません(むしろ離れようとするでしょう)。そのため、探索者が山内に春香を押し付けようとしなければこれ以降探索者と共に行動することになります。探索者たちが春香を呼び戻そうとする場合は、タイムスケジュール上許せる限り保がメールを見たタイミングをずらしてください。どうしても無理な場合、保は探索者たちに会う前に指輪を破壊してしまうでしょう。

13.アパート「池畑荘」
 西条新一が住んでいるのはアパート「池畑荘」一階の一室です。部屋の前には一週間分の新聞がたまっており、部屋の扉に対する〈目星〉に成功すると、扉のノブ付近には何やら先の尖ったものでひっかいたような跡があることに気が付くでしょう。部屋には鍵がかけられているため、泥棒として捕まるリスクを冒して〈鍵開け〉に成功しなければ入ることは出来ませんが、裏の窓は施錠されていないため侵入することが出来ます。
 大家に入りたいと言っても、「警察から現場保存のため誰も入れるなと強く言われている」の一点張りで鍵を開けようとはしません。交渉系技能を用いて無理に頼む場合は、30分かけて〈説得〉の-20に成功する必要があります。
 鍵開け交渉には技能が必要ですが、聞き込みに関しては普通に応対してくれます。大家によれば新一は半年ほど前に引っ越してきて、しばしば家を空けることは多かったものの、賃料の滞納などもなく人当たりの良い人間だったと証言します。しかし、一週間前の夜中にちょうど新一の部屋から獣の雄叫びのような叫び声が聞こえて警察騒ぎになったが、その際に先の警察の発言がなされたと話すでしょう。この情報は、大家だけでなくアパートの住人や近隣住民に対する聞き込みからも得ることが出来ますし、場合によっては大家側から探索者に働きかけて情報を出してもいいでしょう。

14.新一の部屋
 西条新一の部屋はワンルームです。玄関口には旅行カバンが置きっぱなしになっており、オカルト関係の本や雑誌、書類などが■本棚に収められ、入りきらない分がデスク周りにも山積みになっているほか、一部は崩れてキーボードが埋もれています。■ユニットバスへと続く扉の横にはデスクがあり、その上にはPCやプリンター、ライトスタンドといった機械類を確認できるでしょう。
 キーボード上の書類をどかすか〈目星〉に成功すれば、中から■USBメモリと◆破られた封筒を見つけられます。この際、キーボードの表面が先の尖ったもの引っ掻いたように削れていることに気が付きますが、これには〈アイデア〉が必要かもしれません。
 また、床には■千切れた服を見つけることが出来るほか、〈目星〉に成功すれば裏の窓から部屋の中にかけて続く濡れた後を確認できます。そのほか、北条財閥に関して〈知識〉ロールに成功すれば、◆北条財閥についてに書かれている情報を探索者は元々知っています。
◆破られた封筒
 袋状の紙になっており、作りや状態からして大きめの封筒の上部を手で破ったものだろうとわかるでしょう。11.「新一」からの贈り物が既に発生している場合、PLが気付かなければ〈アイデア〉成功でこれが春香の元に送られてきた封筒の上部であることに気がつくでしょう。封筒には◆「アヤカシヤ出版」と書かれたロゴマークが描かれています。
◆「アヤカシヤ出版」と書かれたロゴマーク
62eb17d6-3426-462e-9e73-9b078fd244ce3.jpg
■本棚
 様々なオカルト関係の本や雑多な資料が詰められています。この中から有益な資料を探し出すには〈図書館〉ロールが必要です。成功すれば◆不採用通知の束、◆北条財閥懲戒免職処分通知書を発見することが出来るでしょう。また、アヤカシヤ出版社のロゴマークが印刷された封筒の束も見つけることが出来ます。
◆不採用通知の束
 一流企業から三流企業まで様々な種類の企業の不採用通知が束になってまとめられています。これらを見て〈図書館〉などの技能に成功すれば、どの通知も履歴書審査段階ではじかれており、果てはバイトの応募にすら受かっていないことに気が付くでしょう。仮にも元超一流企業の社員である新一が再就職活動においてこれほどまで箸にも棒にもかからないなど、奇妙な話です。
◆北条財閥懲戒免職処分通知書
syobun.png
 アヤカシヤ出版社の封筒に紛れて存在している無地の封筒の中に一つだけ別のマーク(◆創業者一族の家紋)の入った封筒が入っています。中には■北条財閥の社員証も入っており、通知書を取り出す段階で気が付くことでしょう。
 この書類に関して〈法律〉に成功すると、この処分通知書は公式な体裁を保ちながらも正式に法的効力を持つ形式で書かれていないことに気が付きます。また、法的知識として、通例懲戒免職処分というものは一般には公に公開するものであることから、今回の件は何らかの理由があって社内で内密に処分が行われたのだろうと類推することが出来ます。
■北条財閥の社員証
 西条新一のものです。無機質な図柄のプラスチックカードに◆創業者一族の家紋が入っていることが特徴的でしょう。よほど俗世から外れた暮らしをしていなければ、作りを見るだけでICチップが埋め込まれているタイプのカードであることは理解できます。通常こういったものは退職時に返却するものですが、新一の場合は内々に懲戒免職処分を受けた関係上、返却の催促もされずにそのまま残っていました。新一のアクセス権限は停止されているため北条財閥の情報にアクセスするのには役立ちませんが、〈コンピューター〉技能に成功することで、このカードには小容量の記憶装置が埋め込まれていることがわかります。技能成功者は、以降カードリーダーなどを通すことでこのカードから西条新一の勤務成績や出退勤記録を得ることが出来、後半で新一の無実を示す証拠となるでしょう(忘れているようなら、適当なタイミングで〈アイデア〉ロールでも行い思い出してもらいましょう)。
◆創業者一族の家紋
houjoukekamon2.png
■USBメモリ
 新一がこれまで書いていた記事のデータが入っており、その中に◆記事の下書きを見つけることが出来ます。
◆記事の下書き
 新一が取材していたエジプトに関する記事の下書きです。途中までで終わっており、後は白紙になっています。最初の一文以降をかいつまんで読む場合には〈図書館〉ロールが必要です。ロールなしでも読めますが、時間が少々かかるでしょう。
 初めまして、前任者がケニアのジャングルで行方不明になったということで代わりに担当と相成りました、海外オカルト探検隊担当のSと申します。今回はエジプトの奥地に住む謎の部族が持つと噂される不思議な輝きを放つ宝石を探しにはるばるやってきました。最近会った占い師のタロットでは審判の逆位置を引いて、「今年いっぱいは国外に出ないように」と言われた矢先の海外出張ということで少しビクビクしていますが、編集長には恩があるので頑張りたいと思います。
以下は〈図書館〉ロールなどで得られる情報。
・編集長が聞いた話を頼りにエジプトの様々な場所を探し回ったが、話にあった不思議な宝石の噂を確かめることはできず、滞在の期限が迫っていた。
・期限が一週間を切った時、その宝石について知っていると言う青ジーンズの白人現地ガイドに偶然出会い、エジプトの奥地に住む部族の村に案内された。
・その部族は嫌に古めかしい特殊な言語を使っているようだったが、ガイドが通訳として話を仲介してくれた。また、ガイドがどんな交渉術を使ったのかわからないが、なんとその不思議な宝石の現物をプレゼントされた。
・その宝石は現地の中で選ばれた純粋な人間が洞窟の中で原石を抱いて入り、一週間の間儀式を行い続けることで、宝石の輝きを放つらしいとか。
・滞在日数の関係上この儀式に関しては惜しくも取材できなかったが、筆者の取材レポをこれから詳しく見ていく。
 ここまで書かれたところで、記事の下書きは終わっています。
■ユニットバス
 うっすら埃が積もっておりしばらく使われた形跡はありませんが、備え付けられているガラスがなぜか割れており、破片が落ちていることに気が付くでしょう。
■千切れた服
 失踪当時新一が着ていた服です。首元から腰にかけて力づくで無理やりに引き裂かれたらしく、割かれた跡が無残なものとなっています。また、調べることで腹のあたりに血の跡を見つけることでしょう。〈アイデア〉に成功すれば、このような形で服を引き裂くためには相当な腕力(STR17以上)がないと難しいということがわかります。また、血液に対して〈医学〉に成功すれば、その血液は人間のものではなく、何か別の動物のものではないかと推測できます。ほかに、〈目星〉に成功するか服を調べると宣言があれば、服のポケットから■ふやけたタバコとマッチ箱を見つけるでしょう。
■ふやけたタバコとマッチ箱
 タバコは新一が愛用していた「グラディウス」というメーカーのものです。マッチ箱は雨に濡れたのかふやけており、中のマッチも使えなくなっているでしょう。〈目星〉などの技能に成功することで、マッチ箱の表面に書かれているバー「Queen」の住所を手に入れることが出来ます。このバーは山内保が新一を飲みに誘った場所です。
◆北条財閥について
 戦前から日本経済の中核をなす財閥です。近年業績が低迷していましたが、10年前に前社長の急死に伴い北条圭が社長に就任して以来、優良企業を次々に買収して版図を拡大し、一挙に世界規模の巨大企業体になりました。その影響力の大きさから良くも悪くも何かと噂の絶えない企業ですが、不思議と不祥事などの出来事はあまり報道されません。

15.バー「Queen」
♪~BGM:海辺の街(c25)

 マッチ箱を頼りにするか、新一の家で情報をとり逃した場合ミスターサトウか春香から情報を提供する形でこの場所にやってくることになるでしょう。暗い店内に人はまばらで、そこまで繁盛している様子はありません。
 この場所は春香の家で山内に会っているかどうかに応じて、男の描写が「謎の男」と「山内」本人とで変わることになります。KPはこの点に注意してください。マスターに西条新一や山内保の人となりを話せば、そこに座っていたよと店の奥まった、人目に付かない席を指差し、彼らがやってきた時の様子を教えてくれるでしょう。
・あの夜はバケツをひっくり返したような酷い雨の日だった。外に出てみると、1m先が見えないほどだった。
・山内が先に到着して、後から新一がやって来た。待っている間、しきりに山内は手帳を確認していた。
・山内は新一に対し、しきりに何かを問いただしている様子だった。
・新一は旅行にでも行ってきたのか、エジプトがどうだとかいう話をし、山内に宝石を取り出して見せていた。
・注文は主に山内が行い、西条新一には強めのカクテルを、山内は低アルコールの酒を注文していた。
・途中から西条新一はほとんど酔いつぶれた様子で山内の話にうんうんとうなずくばかりになり、最後は新一に山内が肩を貸すような形で出ていった。
 ここまで話すと、マスターは思いだしたようにこう話し始めます。
「あー、そうそう。あの時、彼は◆手帳を忘れていったんですよ。たまにいらっしゃる人ですから、今度来た時に渡そうと思っていたんですが、もしお知り合いならあなた達から彼に渡していただけませんか。」
「それと、傘を一本忘れていったんですが……。あの土砂降りの中傘を忘れるなんて、今考えると変ですねえ。途中でタクシーでも拾ったんでしょうか。」

春香に尋ねれば、その傘が新一の使っていた傘であることがわかるでしょう。また、二人の居た席の近くで〈目星〉を行うと、山内が座っていた席付近に少量の血痕を発見することが出来ます。〈医学〉ロールを行えば、これは人間の血痕ではなく動物のものであることがわかるでしょう。
◆手帳
 何者かの手帳です。中身を見ても持ち主の名前などは分かりませんが、北条財閥関係者であることと、スケジュールの埋まり具合から相当熱心に働いていることが伺えます。記述はちょうど一週間前で止まっていますが、そのページのメモ欄に以下のような文章が書かれています。
・新一に脅迫状の真意を聞く
・新一との交渉、場合によっては全てを明かす
・交渉が決裂した場合、酔い潰した後で以下の手順を行う
①新一に了解を取る
②呪文を唱える
③血液をかける
④祈りを込める

16.占い師「N」
2017-10-25_15-59-36_257.jpg
 このイベントはシナリオのエンディングに関わる重要なイベントです。
 ミスターサトウの話を頼りにバー「Queen」の路地までやってくると、路地の奥にほんのりと灯る明りが見え、ローブを被った人物がひっそりと店を構えていることに気が付くでしょう。探索者が近づくと、うつむいていた顔を上げ、ローブの中があらわになります。7f6c61b8cf8466ac6a6e7d51fc191e1d_m.jpg
その中身は能面でした。表情のない顔は探索者に向かって話しかけてきます。
「こんにちは、迷える子羊たち。私の力が入り用かな?」
探索者が指輪の件について尋ねれば、以下の情報を提供します。
・その宝石はエジプトの部族に伝わる魔石であり、現地ではこれに特殊な加工を施した上で彼らのあがめる神々の儀式を行っているらしい。
宝石の実物を見せれば、以下のような反応を示します。
「ほぉ……これはまさか、宝石を指輪に仕立てたのか。こんなものをここで目にすることになるとはね。私もエジプトに居た時、一度だけ現地民の村で見たきりだよ。」
「実物を見て思いだしたが、かつてこの宝石を採掘する際には選ばれた健全な人間を生贄にささげた上で行われたとされているんだ。この宝石の特殊な輝きは、そうした純粋な人間の精神が石の中に閉じ込められているからだと言われているのさ。」
「うん?でもこの宝石は内側がくすんでいるようだ……。掘り起こした直後から輝きを放つと言われている石だ、おかしいな。」
「ともすれば……純な精神に、不純物でも混じったかな。」

そう言うと、彼は指輪を返します。

 また、占い師に尋ねれば、以下のような情報を話します。この他は適当にほのめかしつつのらりくらりとはぐらかしますが、あまり調子に乗りすぎて正体がモロバレにならないよう気を付けること。
・世界中を旅していて、路銀稼ぎのために占いをやっている。当たると評判になって毎回人が集まり始めるので、その頃に場所を移動している。
・最初に新一と出会い、通常の占いを行った。後でミスターサトウと会った際は、占いの他にかつて自分が居たエジプトの不思議な部族と、そこで彼らが用いる特殊な宝石について話をした。
・名前はあるが、特に名乗ることはしない。行く先々で好きなように呼んでもらっているし、自分もそれが気に入っていると言う。どうしても呼び名が欲しいなら、「そうだな……では能面の頭文字から取って、『N』とでも呼んでくれ」と話す。

 話を聞き終わると、彼は珍しいものを見せてもらったお礼に無料で占ってあげようと言い、慣れた手つきでタロットカードを混ぜると、三枚のカードを△上に置いて示します。

「今並べたカードは、下の二枚が君たちの近い未来、上の一枚が君たちを象徴するカードを示している。」
「近い未来は……塔の逆位置に死神の正位置か。中々に酷いが、これの意味するものは……そうだな、まず君たちは今直面している強大な敵と、近いうちに相対することになるのだろう。戦いの中で、少なくとも一人か二人に不可避の死が訪れることになるようだ。」
「良い意味に思えないかもしれないが、逆に考えれば運命は確定していないのだから、まだ君たち次第で結果を変えられる余地があるということだな。」
「さて、では君たちの象徴するカードを見てみようか。どれ……」
「ほう、The Hanged Man……吊るされた男の正位置か。刑死者と読むこともあるが……私は吊るされた男と読んでいるよ。絵面は悪いかもしれないが、これは良いカードだ。私のお気に入りでもあるしな。」
「吊るされた男のカードは、知恵や努力、そして妥協によって試練を乗り越える可能性を示している。君たちは中々にたくましい人間のようだね。」
「ふむ、この三枚のカードから、直近に振りかかる問題に関して助言することができるだろう。」

【通常版】
「三枚のカードが示すものは……復讐という啓示だ。君たちの近くで起きた罪に、復讐という罰が下されようとしている。どんな形であれ、君たちはこれを妨げてはならない。復讐が成し遂げられなければ最後、人の業……カルマは、別の形で埋め合わされることになるだろう。」



「とまあ、こんなところだ。長々と話してしまったから覚えていないこともあるだろう。占いの結果はこの紙に書いておいたから、いつでも見返してくれたまえ。私自身しっかりと占いを学んだわけではないが、毎度噂が立つのだから精度に関しては信用してくれるといい。」


 と言うと、いつの間に書いたのか、◆占いの結果がまとめられた手書きのメモを渡されます。
 去り際、彼はこう言い残します。

「ああ、そうそう。私の占いに関してなんだが。」
「どうも私の占いには変な噂があってね。占いに反する行動を取ると、不幸が降りかかるという話らしいんだ。」
「気にするかどうかは君たち次第だが、一応言っておこうと思ってね。それだけだよ。」


 そう話す男の能面は、どこか笑ったように見えることでしょう。今後占い師は指輪の話を探索者に与えると店ごと消滅し、二度と(占い師として)会うことはありません。
◆占いの結果がまとめられた手書きのメモ
 占い師がいつの間にか書いていたのか、手書きのメモになっています。26.視線のイベントで得た◆古びた紙の筆跡と照合するという探索者の宣言があれば、〈アイデア〉ロールに成功することでその特徴的な字体は同一のものであると気が付くことができます。
近い未来:塔の逆位置と死神の正位置…強大な敵と相対する中で、敵味方問わず少なくとも一人か二人に不可避の死が訪れる。
君たちの象徴:吊るされた男…知恵や努力、そして妥協によって試練を乗り越える可能性を示している。
助言:三枚のカードが示す啓示は復讐。カルマを別の形で埋め合わせたくないのなら、起ころうとしている復讐を妨げてはならない。

 このメモを見て〈オカルト〉ロールに成功すると、挙げられている三枚のタロットカードからメモにかかれているような助言は導きだせず、この助言はあの占い師がカードに依らず独自に喋ったものではないかという考えに至ります。

17.警告メール
♪~効果音:携帯着信01

 10.「新一」からの贈り物イベント終了後、しばらく経過した後探索者達の元に一通のメールが送られてきます。内容は「西条新一をこれ以上調べるな」という文面のみで、添付ファイルがあることに気がつくことでしょう。拡張子はgifで、ファイルのタイトルは「mindblust」となっています。このメールを受信し、メールを開いてしまってからは、以降のイベントを回避することはできません(ウイルスのようなものです)。メールの文面を確認したあと、添付ファイルを開く、メールを閉じるといった何らかの動作をしたタイミングで、デバイスを操作しているもの、及び画面を見ているものには、以下の描写の後に《マインドブラスト》の呪文がかかります。
♪~BGM:ヘルコーラス(z6)

 探索者がメーラーを操作していると、ふと画面が切り替わり、画面が真っ黒になってしまいます。バッテリー切れかと電源ボタンを操作しても反応はありません。しばらくすると、画面の中に何か人影らしきものが浮かび上がってくるのが見えます。

 携帯電話の中に映るのは、真っ白い空間に立つ、自分自身の姿であった。画面に映る自分は、もう一人の自分に目が合うとニコリと笑みを浮かべる。そして、おもむろに顔へと手を伸ばすと
 まるで仮面のように顔そのものを頭から外し、黒い無貌の表情が露わになった。画面に映る顔のない自分はやがて内側から体が二つに割け、中から波のようにうねる黒い水が溢れ出る。その黒い水は画面内を満たすと画面から溢れ、自身が飲み込まれるような感覚と共に……あなたは自我から正気が失われていくのを感じた。

 このイベントに遭遇した探索者は強制的に現在正気度を5点減らし、短期発狂を発症します。このイベント後メールは自動的に削除されてしまい、以降見ることは出来なくなります。《コンピューター》技能に成功すればメールの復元などはできませんが、都内のどこかから送られてきたことは分かるでしょう。

18.Crawling Invisible
♪~BGM:追跡者(z8)

 10.「新一」からの贈り物で春香を連れ出した場合、17.警告メールイベントが発生して以降、任意のタイミングで〈聞き耳〉などのロールを要求し、「背後から自分たち以外の何者かがついてきている」描写を挟んでください(何者かの影や足音、物音など状況に合わせて)。
 これはスペクトラル・ハンターとなった西条新一が春香のことを見守っているだけですが、それ故に探索者が確認をしても追跡者の存在は確認できません。不可視の追跡者を振り切ろうとすれば、以降は西条新一による追跡はなくなります。
 このイベントは雰囲気づくりのため、探索者に何者か(おそらくは北条財閥か山内保の手のもの)に監視されているという誤解を与えるためのものです。不要と判断すればこのイベントは削除して構いません。

19.北条財閥不正会計問題に関して
 北条財閥は、世界規模で様々な事業を展開する日本の一大企業グループです。西条新一と山内保はそろってこの北条財閥の主要会社の一つである北条電信に入社し、出世頭として将来の経営幹部への道を歩み始めていました。しかし、そうした順調な出世街道はある一つの事件によって大きく影を落とすことになります。それが、◆「北条財閥不正会計問題」です。
◆「北条財閥不正会計問題」
 約半年前、北条財閥電気通信部会計課において、数十億円が不正に海外の口座へと送金されていたという事件が発覚しました。巨大な損害に本社が前面に立って対応に乗り出しましたがとうとう犯人は捕まらず、問題は「新種のコンピューターウイルスによるクラッキング被害」と結論付けられます。
 しかし、会社が受けた損害は少なくないものであり、誰も責任を負わずにこの問題を収束させることは困難でした。こうした事情から上層部はこの一件を内々に処理し、事件発生時に当該の会計監査業務に携わっていた山内保と西条新一が「不正会計問題」のスケープゴートとして見出したのです。最終的に被害を受けた時間に退勤していた山内保は難を逃れ、退社記録がデータベース上に存在していなかった西条新一だけが懲戒免職処分を受け、この問題は幕が引かれることになります。

 ここまでが内部文書に書かれている顛末から読み取れる内容を、わかりやすく要約したものです。北条財閥の不正アクセス対策は厳重なものですが、西条新一に関する情報が入手できないかと〈コンピューター〉技能を使用して成功すれば、技能成功の範囲で手に入る大量の情報の中からこの社外秘の情報を入手することが出来ます。この情報は北条財閥のデータベース内に保管されているため、財閥系列企業に潜入した上で〈図書館〉ロールに成功すれば同様の情報が入手できるでしょう。
 内容を読んだうえで〈アイデア〉に成功すれば、建前上退社記録を理由に挙げているものの、その事実が明らかになる前から西条新一の免職処分を既定路線として話が進められていることに気が付くでしょう。また〈法律〉ロールに成功すれば、通常であればこのような事実上の横領事件は刑事問題化されるはずであり、このように内部で握りつぶそうとする理由は、上層部による何らかの陰謀が関わっているのではないかという発想に至ることでしょう。

 また、この問題には更に裏がありました。実のところ西条新一の退社記録は存在していたのです。二人ともアリバイがあるとすれば、両者が責任をとることになり、辞職を強要させられることになる。そう考えた山内保は、親友を裏切ることを決めました。彼がこう決断した背景には、難病に罹患する妹の存在があります(詳しくは20.山内保に関してを参照)。
 データベースや退社記録に対する〈コンピューター〉と〈目星〉の組み合わせロールなどに成功すれば、西条新一の退社記録に対して何者かによる改竄の跡を見つけることが出来ます。14.新一の部屋で入手した■北条財閥の社員証に収められている修正前の退社記録と合わせれば、山内保を追い詰める物的証拠の一つになるでしょう。また、電子的な方法以外でもこの事件の情報を手に入れることができます。なぜなら、北条財閥の報道規制をものともしない出版社、アヤカシヤ出版社が存在しているからです。北条財閥に関連する記事を調べるとして『マー』のバックナンバーを調べていけば、半年ほど前に書かれたほぼ同様の情報が得られるでしょう。

20.山内保に関して
 山内保は不正会計事件の濡れ衣を西条新一に着せ、その後西条新一をスペクトラル・ハンターへと変貌させた張本人です。しかし、彼は決して元から新一を陥れようとしていたわけではなく、元々は新一が山内保を信用していたのと同様、親友として絶大な信頼を置いていました。
 この関係にヒビが入ったのは、北条財閥の不正会計問題がきっかけでした。この問題で責任を問われそうになった彼は、同じく責任を問われかけていた西条新一の退社記録をデータベース上から消すことによって一人だけ責任を逃れ、彼だけを破滅へと追い込んでしまったのです(詳しくは19.北条財閥不正会計問題に関してを参照)。
 彼がこのような行動を取った理由は、山内保の妹の病気にありました。彼の妹は臓器が急速に不全状態へと陥っていく難病に罹患しており、国の難病治療支援を受けながら入院生活を送っています。幸いにして国の支援は手厚く、弥生の治療にかかる費用はそれほど高くはありませんでした。しかし、不正会計問題が発覚する直前、突如国からの支援打ち切り通告が行われ、多額の治療費を無保険で賄わなければならない状況に陥ったのです。また、支援打ち切りのためにドナーのあっせんも取りやめになりましたが、これは腎臓移植のドナー待ちをしていた弥生にとっては致命的でした。この臓器移植を「成功させる」ためにも多額の資金を必要としていた彼は友人を裏切るか、妹を見殺しにするかの二者択一を迫られ、前者を選択したのです。
 山内保は友人を裏切った後ろめたさから、西条新一は社に切り捨てられた事実に対するショックとその後の再就職の難航から、二人の関係は探索者たち同様しばらく疎遠となっていました。しかし、この状態は、保のもとに送り届けられた一通の脅迫文書によって打ち破られます。不正会計問題に関して自分をなじり、金品を要求するわけでもなく、世間への公開をほのめかす文章が届いたのです。彼はこの脅迫文書(25.山内邸参照)の内容から、新一が真実に気づいたものであると確信します。しかし、保険の効かない妹の治療費を依然として支払い続けている中、自分の職を失う訳にはいきませんでした。そこで、山内保は新一と直接会い、交渉の余地があれば全てを打ち明けて話し合い、交渉する気がないという最悪の場合には「ファーゴ」から教えられた呪文を実行するためにバー「Queen」に呼び出したのです。
 新一を呼び出したものの、保は一向に文書の話を持ち出さず、「とぼけ続ける」彼の態度に業を煮やし、ミスカトニック大学留学時代の友人「ファーゴ」に教えられた《人をこの世から消し去る呪文》を使用します。しかし、彼にとって誤算だったことは、この呪文が物理的に人を消滅させる呪文ではなく、不可視の怪物「スペクトラル・ハンター」へと変貌させるものだったことです(詳しくは24.山内保を探るを参照)。10.新一からの贈り物のイベントによって新一が生きていることに気づいた山内は急いで「ファーゴ」にメールを送ると、安全な場所へと避難した上で新一を探る探索者たちへの妨害のために17.警告メールを送りました。
 保は指輪が鍵であることに気が付いており、一時雲隠れした上で探索者たちが春香から離れたタイミングを狙って指輪を破壊すればいいと考えています。しかし、彼らが保の行ったことに関する証拠を手に入れてしまったと悟ると、彼は探索者たちと交渉するべく、姿を現すことでしょう。


21.新一からの電話
 スペクトラル・ハンターとなった西条新一は、婚約者を悲しませたくないという強い思いからかろうじてまだ人間としての自我を保つことに成功します(現在正気度5)。新一は山内保とバーに行った直後にこのような姿へ変貌してしまったという事実から彼を疑っていますが、親友を信じる気持ちから未だ確信には至っておらず、透明化の能力を用いて独自に彼を探っていました。探索者から連絡が入ると、最初は友人を巻き込むまいと電話に出ることはありませんが、10.「新一」からの贈り物のイベントを終えた後は山内への不信と探索者への信頼感から連絡が可能となります。イベント以前に電話をかけた場合相手側に電話はつながりませんが、〈アイデア〉に成功することで「長いコールの後、相手側から電話が切られた」ことに気が付くことでしょう。
 10.「新一」からの贈り物のイベント以降新一に連絡を入れると、彼が応答します。探索者たちが新一に連絡を入れるそぶりを見せない場合、新一の側から電話をかけてしまって構いません。酷く沈んだ声で
「保は俺を陥れたんだろうか、俺は保に……裏切られたんだろうか。だとしたら俺は……」
と話した上で、
「証拠を……見つけてほしいんだ。保がこの件を引き起こした張本人なら……俺にも考えがある。」
と頼みます。
 この時、〈精神分析〉に成功すれば、彼の言葉の端々からは諦めや絶望といった自暴自棄に近い感情が読み取れ、精神的に摩耗して狂気に陥りつつあることがわかります。また、「抵抗があるなら構わないが」と前置きした上で山内の家の場所に加え、家の鍵は北条製薬セントラル医療センターにいる妹が持っているという情報が与えられます。
 その後、携帯電話のバッテリーが残り多くないことを伝えると、彼は通話を終える間際
「正直なところ、おそらく……もう俺の人生は、元に戻らないだろう。まあ、あの日以来歯車の狂った人生だったからな……。希望なんてない今では、もう諦めもついたさ。」
「ただ……心残りなのは、春香のことだ。俺のせいで、彼女の人生まで縛りたくない。ましてや、俺がこんなことになっていると知ったら……彼女の心を一生縛ることになるだろう。」
「俺に束縛されず自由に生きるよう、後押ししてくれ。早く、俺のことを忘れられるように。」

 と探索者たちに言伝します。この部分ですが、新一と探索者が直接会う場合には省略して電話を切り、あった先で同様の言葉を去り際に話します。
 この会話においては、探索者の側から彼を元気づけるような言葉を引き出すように努めましょう。絶望の中に居る彼に希望を与えてこそ、クライマックスが光ります。
 
22.友人との再会
 もしかすると探索者は、新一と直接会うことを望むかもしれません。電話口で彼にその旨を伝えると、彼は都合が悪いなど何かと理由をつけて拒否しますが、交渉系技能に成功すれば、「春香を立ち会わせない」という条件の下新一の指定する場所で会う約束を取り付けることが出来ます。春香を同行させて探索を行う場合、何か理由をつけて一時離れるような形を取れば、過度な長話を防止できるでしょう。
 新一の指定した場所はビルの立ち並ぶ街の路地裏でした。待ち合わせ場所にたどり着くと、「話はするが、直接顔を合わせるべきではない」と言います。探索者が姿を現すよう呼びかければ、「正気を強く保ってくれ」と一言述べた後姿を現します。ただし、春香に目撃されるような状態で、彼が姿を見せるようなことはないでしょう。多少の小細工程度では、新一に見破られてしまいます。
♪~BGM:見てはいけない(z13)

 新一の言葉の後、目の前の闇から2m近い人型が現れた。真っ黒な肌、鉤爪を備えるやせ細った手足、餓鬼のように膨らんだ腹。その顔には赤い目が光り、口からはびっしりと並ぶサメのような歯が覗かせている。このような異形を前にして、あなた達は恐れおののくだろう。しかし、それ以上にあなた達を恐怖に陥れる現実は、微かに彼の面影を残す眼前の怪物こそが今まで探し求めてきた、新一であるという事実だった!【1d3/1d8+2のSANチェック】

 彼との会話については21.新一からの電話と被る点もありますが、両者を参考に行ってください。
・山内保とバー「Queen」に行って酔いつぶれてから記憶がなく、気が付いたら路地裏でこの姿になっていた。
・落ち着きを取り戻して状況を把握した後、しばらく春香に会えないことを考えてあの小包を送った。鍵爪のせいで文字が上手く書けず、あのようなワープロの文章になってしまった。
・状況からして山内が疑わしいものの証拠がない。体の自由が利きにくい自分に代わって、彼が犯人であることを示す証拠を探してほしい。
・保が犯人だとわかった後は、もう探索者の手を煩わせることはない。あとのことは俺に任せてほしい。
 その他、北条財閥不正会計問題や、また、聞かれれば春香の家のベランダや自分たちをつけていた気配が彼のものであることがわかるでしょう。また、「抵抗があるなら構わないが」と前置きして、「彼の家の鍵は、北条製薬セントラル医療センターにいる妹が持っているはずだ」という情報が与えられます。
 彼は去り際に、

「正直なところ、おそらく……もう俺は元の姿に戻れないだろう。まあ、あの日以来歯車の狂った人生だったからな……。もはや希望なんてない、諦めはついているさ。」
「ただ……心残りなのは、春香のことだ。俺のせいで、彼女の人生まで縛りたくない。ましてや、俺がこんなことになっていると知ったら……彼女の心を一生束縛することになるだろう。」
「俺に縛られず自由に生きるよう、後押ししてやってくれ。できるだけ早く、俺のことを忘れられるように。」

 と探索者たちに言い残します。ここまで話して〈精神分析〉に成功すれば、彼の言葉の端々からは諦めや絶望といった自暴自棄に近い感情が読み取れ、精神的に摩耗して狂気に陥りつつあることがわかります。
なお、探索者たちがこのイベントでスペクトラル・ハンターの姿を目撃している場合、18.Crawling Invisibleのイベントを発生させないようにしてください(効果が薄れるため)。

23.北条製薬セントラル医療センター
97b8fb3a2994dc893d301831d258bff1_s.jpg 山内保の妹、山内弥生が入院している病院です。彼女への面会を申し出れば、看護師が病室前まで案内してくれるでしょう。彼女の病室は個室となっています。探索者の下線部の問いに対する答えは32.エンディングのイベントに関わってきますので、注意してください。

 「久しぶり、春香さん。えっと、あなたたちは……お兄ちゃんのお友達?

 弥生の病室は長い病院生活を感じさせるように、様々なぬいぐるみが病室内に置かれていたり、かわいらしい小物が置かれていたりと、彼女なりのアレンジがそこかしこに感じられます。千羽鶴も飾られており、彼女に聞けば兄が病気の完治を願って毎日一羽ずつ折って作ってくれているもので、ちょうど三つ目の千羽鶴があと一羽で完成するということを話してくれます。
 彼女と話して得られる情報は以下の通りですが、質問の仕方によっては怪しまれ、情報収集に支障が出るでしょう。
・この病院には10年近く入院している。様々な臓器機能が低下していき、不全状態に陥っていく症例のない原因不明の病で、臓器移植などの対症療法に終始するばかりで症状は改善する兆候がない。
・つい半年ほど前には急速に腎臓の症状が進みかなり危険な状態に陥ったが、兄がドナーを探し出してくれたお陰で助かった。
・両親は既に他界しているため、自分の治療費は兄である山内保が全額出している。国から補助金が出ているから実際の治療費は大した額でないらしいが、それでも兄に負担をかけ続けていることに負い目を感じている。
・兄は毎週末お見舞いに来てくれているが、今週は大事な用事があると言って来られないという連絡がきた。こうしたことはとても珍しく、少なくとも記憶にない。

 おそらく探索者の目当てであろう山内保の家の鍵ですが、彼女と話しながら〈目星〉をすることで、ぬいぐるみの一つに鍵の付いたネックレスが首から下げられていることに気が付きます。これについては会話中に〈隠す〉〈忍び歩き〉など適当な技能に成功すれば手に入ります。それらに失敗、あるいは会話中にアクションを起こさないようなら、会話が一段落した後定期検診などの理由を付けて看護師に弥生を連れ出させ、鍵を手に入れるチャンスを再度与えましょう。

24.山内保と北条電信を探る
 山内保を探る場合、基本的には25.山内邸へと行くことになりますが、敵の本拠地に行く前に情報収集をしたいと思う探索者もいることでしょう。
○宮崎春香に尋ねる
 おそらく最初に山内保と接触するのは、10.「新一」からの贈り物のイベントでしょう。その時に彼女が彼を紹介していたことを考えれば、彼女がある程度保のことを知っていると類推できるはずです。彼について春香が知っていることは以下の通り。
・保と新一は小学校以来の幼馴染で、数居る友人の中でも特別な存在だった。
・北条財閥には同期入社し、偶然同じ系列会社である北条電信に配属された(北条財閥はグループ内の持株会社である北条ホールディングスが一括で採用試験を行い、その結果や希望に応じて採用者を傘下企業に振り分けるという形をとっています)。
・彼の両親は既に事故で他界しており、近い親戚もいないが、年の離れた妹が長い間入院していて、お見舞いにも行っている。
○北条電信の社員に尋ねる
 彼が新一と同期であったことを知れば、北条電信の社員に聞き込みをするという発想も出てくることでしょう。一流企業とはいえ、口の固い人間ばかりではありません。探索者たちの技量(交渉技能)があれば、機密情報とまではいかなくとも社内の内部情報くらいは聞き出せます。社内における山内保にまつわる噂や彼の評判に関しては以下の通りです。
・保と新一は当時から出世頭であり、将来的には一つしかない本社の役員ポストを巡って争うと目されていた。そのため、新一の退職騒ぎは保が仕組んだのではないかという噂がある。
・勤務態度は極めてまじめである。しかし、半年ほど前からワーカホリックかと思われるほどに働き詰め、稼げるだけ残業代を稼いでいた。しかし、つい先日珍しいことにまとめて有休休暇を取ったため、最近会社には来ていない。
・彼が有給休暇届を出しに来たのを目撃した人によれば、彼は疲れているのか酷く顔色が悪かったという(呪文によるPOW喪失のため)。
・休憩中、社内で妹と思しき相手と電話で親しく話し込んでいるのがたびたび目撃されており、シスコンではないかと噂されている。
 また、交渉次第では北条財閥のデータベースにアクセスする手助けとなる、社外秘の社員共通パスワードを教えてくれるかもしれません。

25.山内邸
 山内保の自宅は北条財閥社員寮の一室で、設備やセキュリティは非常に整っているものの格安の家賃で住めるという、ホワイト企業極まれりといった建物です。オートロックのマンションであるため、表から〈鍵開け〉によって侵入しようとすると管理人に止められます。単純な交渉技能などで中に入るといったことは難しいですが、鍵を使って平然と入る分には問題ありませんし、誰かが通りがかった時に一緒に中に入れば山内の部屋の玄関前までは行けるでしょう。裏口を〈鍵開け〉するなどの方法で中に侵入することは可能ですが、監視カメラがあるため、探索者のうち一人でも〈幸運〉ロールに失敗すれば、管理人が探索者たちを怪しんでやってくることでしょう。
 単身者用ということもあり部屋の間取りはやや広めの1Kで内装もシンプルなものとなっています。加えて家具類も■机や■パソコン、テレビにタンスにベッドと必要最低限しかなく、彼の高給はどこへ消えているのやらといった感想を抱くでしょう。しかし、そうした簡潔な部屋の中で異質なものとして、窓際に置かれた大小様々な■真新しいペットゲージを確認することが出来ます。
■真新しいペットゲージ
 小動物用が3つ、犬猫用の中型のものが2つほどありますが、どれも空となっています。ケージには何も入っていませんが、中を確認すれば、動物の居た形跡を見つけることができます。その上で〈アイデア〉ロールに成功すれば、これだけ真新しいペットゲージがあるにも関わらず、餌などのペット用品が置かれていないことを疑問に思うでしょう。PCが「中身」の所在に気を払うようであれば、〈目星〉によってゲージから■バスルームへと続く血痕をふき取った跡に気づかせても構いません。
■バスルーム
 バスルームから異臭が漂うということはありませんが、〈目星〉に成功すれば山内が落としきれなかった血痕を見つけられることでしょう。ただし、あまりにも異質なものとして、多重に覆われた黒いビニール袋が目に入ります。結び目を解いて中身を検めれば、肉の腐った臭いと共にバラバラとなった「中身」を確認できます。
 二つ目の結び目を解こうとしたあたりで、袋の放つ強烈な臭いの異常性に気が付くことになるだろう。三つ目の結び目を解くと、暴力的な獣の腐敗臭は鼻だけに留まらず目にまで刺激を与えることになる。覗いた袋の底に見えたものは蛆と蠅に食い荒らされ、赤黒い液体に浸った、毛むくじゃらの肉塊であった。【0/1d2のSANチェック(動物好きな探索者であれば更に+)】
 腐った動物の死体を調べて〈医学〉-20や〈生物学〉に成功すれば、傷口の具合から血液を抜き取ったのであろうと推測できるでしょう。
■机
引き出しの一つに◆脅迫文書の入った封筒、また◆家計簿が入っています。
◆脅迫文書の入った封筒
 消印は3週間ほど前となっており、なんとエジプトから投函されていることがわかります。封筒は表面上部にアヤカシヤ出版社のロゴが入ったものです。全ての文章はワープロで書かれており、宛名は山内保となっているものの、差出人の名前は書かれていません。しかし、消印の届け出は新一が取材で赴いていた都市よりも遠い場所でなされており、彼とは無関係な文書であることが新一に尋ねることで確認できます。
 内容は以下の通りです。
sin.png
罪状
・山内保は親友である西条新一を自分の保身のために裏切った。
・無実であった西条新一の人生は破綻し、元の生活が戻ることは二度とない。
・神の手で全ての罪は明らかにされる。山内保の罪は重い。裁きは不可避である。
 
◆家計簿
 マメな性格であったのでしょう。彼は自分の給料の使い道に関して毎月家計簿をつけていたようです。収入欄には彼の高給がしっかりと書かれていますが、「北条製薬セントラル医療センター」に対して半年前まであまりお金を支払っていなかったことがわかるでしょう。〈図書館〉で家計簿を斜め読みすれば、半年前から給料のほぼ満額に近い支出が毎月行われていることがわかります。特に、半年前には「筑馬市立最先端医療研究センター」に対して2000万円近くのお金を支払っており、その際1000万近い借金をしているということがわかります。
■パソコン
 彼が使っているのはミドルスペックのデスクトップPCです。スリープ状態にしてあるため、パスワードの入力作業などは必要ありません。このパソコンからは◆メール記録が入手できます。
◆メール記録
 山内保の使っているメーラーは複数のアカウントのメールを一緒くたにして受信するタイプのものの様で、メール記録一覧には仕事上のものに交じり、私的なメールも含まれています。これらのメールのうち、探索者にとってめぼしいものを探すためには〈図書館〉ないし〈コンピューター〉技能が必要になるでしょう。あるいは、探索者が指定した単語で検索をかけるなどと宣言があれば、それに見合う情報やメールを個別に与えてもいいでしょう。
 メール記録を漁っていくと、送信履歴に17.警告メールで送られてきたメールの送信跡が、添付ファイルは消えているものの残っています。しかしながら、このメールに添付されていた特殊なコンピューターウイルスはどうやら山内が個人的に製造したものではなく、何年もやり取りを続けている「ファーゴ」という名前の海外の友人に頼んで送ってもらったようであることがわかります。送信元を〈コンピューター〉などで辿ってみれば、メールは遠くアメリカのミスカトニック大学から送信されているようですが、特殊なプロテクトがかけられているのか、それ以上辿ることはできません。
 内容は英語であるため、メールのやり取りを見る場合には〈図書館〉などに加えて〈ほかの言語(英語)〉のロールに成功する必要があります。電子辞書や翻訳ソフトの力を借りるのであれば、判定に+20%して構いません。どのようなやりとりをしていたかに関してそれぞれに対するロールに成功した場合以下にある判定成功時の情報が手に入り、失敗した場合には不完全な翻訳文章が手に入りますが、最後のメールだけはロールの成否に関わらず完全に読み解くことができます。
◆「ファーゴ」と山内保のやりとりの斜め読み情報
・「ファーゴ」と山内保との付き合いは、彼が10年前ミスカトニック大学に留学していた時から始まっている。
・「ファーゴ」は同大で「現代魔術の科学的分析」をテーマに研究しており、科学では説明がつかず「魔術」として扱われているような事象を分析し、論理的に解釈・再現しようとしている。
・「相手の正気を失わせる」魔術に関して、特定の画像パターンを用いて光過敏性発作(いわゆるポケモンショックを引き起こしたアレです)を引きおこすgif画像(タイトルは「mindblust」、彼はメール内で「視覚毒」と呼んでいる)が送られていたりと、研究成果を時々送っていたらしい。
・誕生日プレゼントとして、「身を守る」呪文に関して詳しく説明されている(《被害をそらす》の呪文を獲得(習得にINT*3ロールを要求しても良い))。

◆一週間ほど前のメール①
○判定成功時
 君の研究の話を聞いていると、「宇宙人がアメリカと交信している」なんて噂話さえも現実じゃないかと思えてくるよ。
 しかし、前々から思っていたがそうした研究は危険だったりしないのか?聞いている限りじゃ証拠も残さず人を殺せたりもしそうだが、犯罪者に利用されたら危険だろうに。

○判定失敗時
いつあなたがあなたの研究の物語を聞くか 危険なそのような研究ではない 「アメリカとの異質な通信」の噂がreality.
Howeverでもあり、私がずっと前から考えたように思われるか?私が、それが、どのような証拠物件でも置いていかずに人々を殺しそうであると耳にするけれども、もし犯罪者により使われるならばそれが危険であろう限り。

◆一週間ほど前のメール②
○判定成功時
本当に危ないものに関しては直接政府が管理しているから大丈夫なんだよ。君が安心して来客を迎えられるように、具体的には言わないけどね。
僕が最近研究している魔術の中にも、人をこの世から消してしまう呪文というのが存在しているよ。まあ君になら教えてあげてもいいだろう。といっても、研究途中だから元の魔術のほうだけどね。
以降、「人をこの世から消してしまう」呪文の具体的な効果や使用方法などが続いています。
・この呪文を使うためには3種類の哺乳類に加え犬と猫の生き血を捧げる必要がある。
・術者と被術者が異なる場合には、被術者の了解を得なければ呪文は発動しない。
・呪文が発動されると、術者の精神力を犠牲に呪文の対象がこの世から消え去る。
・一応忠告しておくが悪用厳禁。「人を呪わば穴二つ」だ。

○判定失敗時
本当に危険な物について、政府は直接管理されて、それはOKである。私は、あなたが快適な訪問者を持つことができるように、あなたに特に話さない。
最近私が勉強している魔法には、この世界から人を消すスペルがある。よく、うまく、私はあなたに話すことができる。しかし、それが研究にあるので、それはオリジナルの魔法である。
以降は解読不能

 魔術はそれぞれ《マインドブラスト》、《スペクトラル・ハンターへの変身(改変版)》の呪文を意味しており、語学ロールに成功した探索者はそれぞれの内容を理解することが出来るでしょう(後者に関しては呪文も入手)。
 また、最新のメールは以下の二通となっています。最後のメールは今日の昼(10.「新一」からの贈り物の後)に届いているようです。最後のメールのみ、たとえ翻訳ロールに失敗しても完全な状態で文章を読み取ることが出来ます。ロールに失敗した場合、シークレットダイスを一度振ったうえで訳文を与えてください。
◆最新のメール①
○判定成功時
 ファーゴ、あの「人をこの世から消し去る」呪文について詳しく教えてくれ。あの呪文を受けた人間が元に戻ったりすることはあるのか?殺すことは可能なのか?

○判定失敗時
ファーゴ そのスペル that 「この世界から人々を消しなさい」スペル について私にもっと話す 。するか オリジナルへのそのスペルリターンを受け取る誰か ?殺すことが可能であるか?

◆最新のメール②
 まさか、呪文を実際に試したのかい?あの説明だけではこの呪文は実行できないはずだけど。詳しくは説明しなかったけれど、あの呪文は人を不可視の怪物「スペクトラル・ハンター」へと変貌させるものなんだ。魔力のこもった物に人間の精神を連結させて、不可視の怪物に変身させる……人をこの世から消し去るってのはそういうことさ。少なくとも君が呪文を使用できたなら、そうしたものが偶然近くにあったはずだよ。
 最も、怪物は呪文の代償に使った物品と精神が連結されているから、それを破壊すれば怪物はその体を維持できなくなる。怪物になった人間は、よほどのことがなければ基本的に正気を保っていられないはずだから、今からでも探し出して壊すことはそう難しい話じゃないと思うよ。
一応、呪文の対象者を元に戻す方法も一つだけあるけど……すまない、ちょっと出かける用事が出来てしまったから、それについては追って連絡するよ。グッドラック、保。

26.視線
 探索者たちが山内邸の探索を終え、山内保が新一を陥れた物的証拠を手に入れ終えたタイミングで家の呼び鈴が鳴らされます。山内家のドアはドアスコープとドアポストが付いているため、そこから外を確認することができます。ドアポストから覗けば青いジーンズの服装が見え、山内保でないことが確認できるでしょうが、ズボンより上を窺うことはできません。ドアスコープを覗くという宣言があった場合には、以下の描写を挟んでください。
 ドアの向こうの人物を窺おうと、あなたはドアに顔を近づけスコープを覗き見る。
 探索者がレンズを通して見たものは、誰かの姿でも、また外の風景でもなかった。

3e4648278b097dc1abaccd487cfef25d3_s.jpg
「目」……こちらを覗き見る青い目が、ドアスコープいっぱいに広がっていた。構造上見えていないはずのその視線は確かに眼球へと刺さり、あなたは奇妙な寒気と不安感を覚えることになる……。【1/1d3のSANチェック】
 この時ドアスコープを覗いた探索者には《邪眼》(基本ルルブP259)の効果が発動します。驚いて探索者がドアから離れると、ドアポストから一枚の◆古びた紙を投函されます。ドアスコープを覗かずにドアを開けた場合誰も確認できませんが、ドアを閉めた瞬間に同じくドアポストから同じものを投函されます。
◆古びた紙
 〈化学〉などの技能に成功すれば、少なくとも自分の知識の中にこのような素材の紙に心当たりがないとわかるでしょう。この紙はどうやっても破ることはできず、破棄したとしても探索者たちの手元に戻ってきます。この事実に気が付いた探索者は【0/1d2のSANチェック】を行います。
 また、16.占い師「N」で得た◆占いの結果がまとめられた手書きのメモと筆跡を照合するという宣言があれば、〈アイデア〉ロールに成功することでその特徴的な字体は同一のものであると気が付くことができます。

watch2.png

27.最後の会話
♪~BGM:ホルマリンと胎児(n118)

 探索者が山内保に関して得た情報を電話で彼に伝えると、その情報量に応じてルートが分岐します。山内邸の捜索を終えたこのパートでは新一に対する質問がいくつかできているでしょうから、2,3のやり取りは許可してください(特に脅迫文書の件)。
 ここで探索者がどう答えるかによって、シナリオの展開は大きく変わります。これまでの探索を振り返って、どうにも説明できない「謎」があったはずです。それらを総合して繋ぎ合わせれば、このシナリオの黒幕たる存在の影が見えてくることでしょう。このことを踏まえて占い師の「助言」に従い、あえて新一に山内保を殺害させることで、新一が元の人間の姿に戻る結末を迎えられることになります。
○山内保が西条新一を陥れたということだけ話した場合
 長い沈黙の後、一段と低い声で「山内をどこかに呼び出してくれないか。アポイントが取れたら、場所と時刻を教えてくれ。」と言います。この場合新一は保の殺害を決意し、28.山内保との対峙を終えた後29.The Hanged Menへと移行します。
○妹の治療費の関係でやむなく陥れたのだという情報、脅迫文書の存在の存在などを話した場合
 少し考えた後、「保と直接話がしたいから、あいつをどこかに呼び出してくれないか。アポイントが取れたら、場所と時刻を教えてくれ。」と話します。こちらの場合、探索者の保への対応次第で28.山内保との対峙から30.不可視の慟哭へと移行する可能性があります。
 また、探索者が彼にメールの件を話し、「人間の姿に戻れる可能性がある」ということを伝えると、
「……それは、本当か?そうか、まさかこんな状態になっても戻れるかもしれないだなんて……。ありがとう、喜ぶのはまだ早いが……久しぶりに、人として生きたいという希望が湧いてきたよ。」
「まずは、保と話をつけよう。さっきの話の通りなら、彼はもう人間に戻る方法を知っているかもしれない。」
「君たちだけが頼りだ……俺なんかのために、本当に、ありがとう。」

と話し、沈んでいた彼の声が、かつて友として語らった時のような明るさを久々に取り戻したと感じることでしょう。

28.山内との対峙
 山内保が北条財閥不正会計問題において新一を陥れたこと、また脅迫メールの送り主であること、「ファーゴ」とのメールのやり取りなどの証拠を手に入れれば、探索者たちは彼を問い詰めるために呼び出すことでしょう。山内との電話連絡自体は、連絡先を交換していればいつでもとることが出来ますし、もし探索者がそれを怠っていても春香を通じて連絡を取ることが出来ます。
 山内は基本的に呼び出しを拒否する態度を取りますが、
・西条新一が山内保と失踪した夜に出会っていたという証言
・西条新一の出退勤記録が消されている証拠
・山内保が呪文を使ったこと
の三点を軸に話をすると、逃げられないと判断して呼び出しに応じます。
 山内保は探索者が自分を呼び出した意図に関してある程度察しが付いており、探索者たちとの間で交渉の余地を模索しています。そのため、彼は妹のためにやむを得ず新一を陥れたこと、「新一」から脅迫文書が送られてきたために、殺害を決意したという内容を話し、一連の事件を隠蔽することと引き換えに、スペクトラル・ハンターとなった西条新一をもとに戻す可能性(即ち「ファーゴ」とのやり取りの継続と公開)を提示しようとします(これが彼にとって唯一の交渉材料だからです)。
 探索者が新一と直接やり取りをし、脅迫文書は新一の送ったものではないことなどを伝えると保は自分の過ちに気づき、酷く動揺した様子を見せます。信じられないといった様子で酷く狼狽すると、新一の勤務記録を消し、彼だけを退職に追いやった過去の罪も告白することでしょう。

「俺はなんてことを……この罪をどう償えば……。保険金と社内年金……俺が死んでも、弥生は生きていけるなら……。」

 もし、探索者が山内保との接触において最初から探索者が交渉の余地を見せない場合、彼は腹をくくり、春香の指輪を奪って破壊しようとすることになります。あるいは、新一に対して山内弥生の病気の話を隠すなどして山内側の事情を話さなかった(擁護しなかった)場合、ここから先のやりとりは29.The Hanged Menを参照してください。

29.The Hanged Men
 探索者が新一同様自分と交渉する余地がないと山内が判断した場合、春香の指輪を奪って破壊すべく、不意を打って戦闘を開始します。春香は突然の出来事に反応することができず、このラウンド中に行動することはできませんが、探索者はDEXの半分の値(切り上げ)順での行動が可能です。
 山内の行動ルーチンは〈組み付き〉→武器取り上げによる指輪の強奪→破壊です。しかし、この場合二ラウンド目からスペクトラル・ハンターに変身した西条新一が参入し、山内を殺害にかかります。
 あるいは探索者たちと山内との会話が一段落し、山内が狼狽する様子を見せた際に、探索者たちの背後から風を切るような音と共にスペクトラル・ハンターと化した新一が現れ、山内を殺害します。
 新一が山内保の腹をそのかぎ爪で貫くと不可視の怪物は、その返り血によって姿を現します。現れたのは片腕を山内の血に染め、全身がまだらの赤模様に彩られた異形の姿でした。以下は描写例です。

 何もない空間に、赤いまだらの浮かぶ、歪な人型が出現した。山内の体を貫く鋭いものを備えた腕は鮮血に染まり、その胴体にかかる血飛沫からは2mほどの背丈を持つ異形の姿が浮かび上がる。血に濡れた顔に浮かぶのは、幼馴染の裏切りに怒りを燃やす、新一の表情だった!【1d2/1d4のSANチェック】

 山内はスペクトラル・ハンターの腕の中で息絶える寸前、探索者たちの後方を見て驚いた顔をし、

「ファー、ゴ……なぜ、お前が、ここに……」

と言い残して完全に息絶えます。それを合図に徐々にその姿を変化させ、気が付くと探索者たちの良く知る新一の姿へと変わっていくことでしょう。
♪~拍手
(こちらはブログから直接ダウンロードしてください)
 いつからそこに立っていたのか、青いジーンズにパーカーという格好の白人男性が拍手をしながら探索者たちに向かって微笑み、話しかけます。

「いやあ、私がわざわざ方法を教える必要もなく、呪文を解くことが出来たみたいだね。」
「元の姿に戻るためには、呪文を受けたものが呪文の使用者を殺す必要があるんだ。君は図らずともそれを成し遂げたようで……いや、良かった。」


 ここまで「ファーゴ」が喋ると、新一は地面に倒れこみます。「ファーゴ」は体の消耗が激しい呪文だから仕方ない。ここの後始末は我々がしっかりとしておくから、フィアンセの方は彼をどこか休めるところへ連れて行ってくれないかと頼みます。新一と春香がその場から立ち去ってから「ファーゴ」は山内の死体を見やり、再び探索者たちに話しかけます。

「つくづく彼は哀れな男だったね。保は自分のもとに送られてきた署名のない脅迫状を、証拠もなく新一君が送ったものだと思い込んでいたんだよ。親友を裏切り会社を追いやった挙句、自分の罪を隠したいがために人を殺そうとするような人間の末路としては、妥当なところだとは思わないかね?」

 探索者たちの反応を窺った後、「ファーゴ」は続けます。

「しかし、君たちの働きは素晴らしいものだったね。……正直、『不可避の死』が一人に留められるとは思っていなかったよ。これは嬉しい誤算だ。」

 ここまで言えば、探索者たちも彼の正体に気が付くことでしょう。いつから手にしていたのか、路地裏で見た能面を被ると、「彼」は言葉を続けます。7f6c61b8cf8466ac6a6e7d51fc191e1d_m.jpg

「君たちの行動は全て見させてもらったよ。君たちは彼らのような壊れやすい玩具とは違う。精神的なタフさと勇敢な行動力を備えた、『Investigator』……探索者ともいうべき存在だ。」
「あまり怖がらないでくれたまえ。君たちまでぞんざいに扱うつもりはないさ。私はね……君たちが気に入ったんだ。」


 そう言うと「ファーゴ」は山内の死体を担ぎ、探索者たちに背を向けます。気がつけば、辺りに飛び散っていた山内の血は、最初からなかったかのようになくなっています。

「今日のところはこれくらいでお暇させてもらおう。私と君たちとは再会する運命にある。私の占いが折り紙つきであることは、実証済みだろう?」
「君たちも、ゆめゆめ気を付けてくれたまえ。吊るされた男はいつでも刑死者となり得るのだからな。」
「気に入ったカードが失われてしまう悲しみを、私に味合わせないでくれたまえ。」


 その言葉を最後に、「ファーゴ」はその場を後にすることでしょう。後を追ったり、危害を加えようとする探索者には、《恐怖の注入》(基本ルルブP256)の呪文が発動します。

30.不可視の慟哭
♪~効果音:足音・革靴01

 保が後悔の念を呟いていると、どこからか現れた一人の人間がコツ、コツ、と音を立てながら近づいてくることに気が付くでしょう。足音の主は青いジーンズにパーカーという格好の白人男性です。山内が彼の姿を認めると大いに動揺し、

「ファーゴ、どうしてお前が日本に……」

と呟きます。
 「ファーゴ」と呼ばれた男は大げさにあきれたような仕草をして、

「いやあ、『人を呪わば穴二つ』と忠告したのにあの呪文を使ってしまったみたいだからね。気になって見に来たのさ。」
「しかし、話は聞いていたが酷いじゃないか。保身のために友人を裏切り、あまつさえ命まで奪おうとするとは……まさしく鬼畜の所業だ。弥生ちゃんも、新一君の人生と引き換えに命を長らえていると知ったら傷つくことだろう。」
「それに、あんな姿になりながらも新一君は最後まで君を信じていたそうじゃないか。どう考えても君が第一容疑者であるにもかかわらず……ね。差出人不明の紙切れ一枚で彼を疑い、殺そうとした君とは大違いだ。」
「人間の姿を失うべきだったのは、君ではなかったのかね?」


 最後の言葉を聞くと山内はガクッとその場にくずおれ、胸を押さえて絶望の声をあげます。

「すまん、新一……すまない……」

 「ファーゴ」と呼ばれた男はその様子を見ながら満足そうに笑みを浮かべると、探索者たちのほうに向きなおり、

「さて、そこの彼女は確か新一君のフィアンセだったね。そして、君たちは……」

と話しかけてきます。
 探索者たちとの会話の中で「ファーゴ」は、

「君たちの力がなければ、この男の悪事は暴かれぬままだっただろう。君たちの力は、『Investigator』……探索者とも言うべきものだ、よくやった。」

 と笑みを浮かべて褒めたたえます。また、探索者たちはこのタイミングで新一をもとに戻す方法を尋ねることでしょう。2,3会話を挟んだ後彼に問いかければ、

「ふむ……そうだな、君たちの功績には報いてやらねばなるまい。元に戻す方法を教えると約束しよう。」
「しかし、その話をするのであれば、当事者に同席してもらったほうが良いな。新一君、姿を現しては貰えないか。」


 ここまで彼が言うと、また大げさに何かに気が付いたようなしぐさをして頭を叩き、

「ああ、配慮が足らなくてすまない。君はその姿を婚約者に晒すことをためらっているんだったね……。それなら老婆心から、私が背中を押してあげようじゃないか。」

 と言うと、パーカーのポケットから見たこともないような鈍色の、捻じれた形の懐中電灯を取り出し、虚空に向かってかざします。以下の描写を始めてください。

 視界の一部が黒い影によって遮られる。「ファーゴ」と呼ばれた男の手から伸びる光の先に現れたそれは、四肢を備えた、黒い人型の存在であった。2mほどの背丈に鉤爪を備えるやせ細った手足、餓鬼のように膨らんだ腹。その顔には赤い目が光り、口からはびっしりと並ぶサメのような歯が覗かせている。このような異形を前にして、あなた達は恐れおののくだろう。しかし、それ以上にあなた達を恐怖に陥れる現実は、微かに彼の面影を残す眼前の怪物こそが今まで探し求めてきた、新一であるという事実だった!【1d3/1d8+2のSANチェック】

 既に21.友人との再会で姿を目撃している場合、描写を省略した上でSANチェックによる減少量を半分に(端数切捨て)します。
 新一は驚きに満ちた表情で探索者たちを見やり、恐怖と驚愕に彩られた春香の目を見て苦渋の表情を浮かべます。やがて視線を戻すと、

「人間に戻れるならこの際何も言わない。頼む、早く元の姿に戻る方法を教えてくれ。」

と先を促します。

「気持ちはわかるがそう焦るな、新一君。第一、君は服すら着ていないじゃないか。そのまま人間に戻ってしまっては、風邪をひいてしまうぞ。」
「望み通り、君を元に戻す方法は必ず教えてあげよう。だが、その前に一つ聞いておきたいことがある。」
「君のかつての友人は許されざる大罪を犯した……君の人生を壊し、あまつさえそのような姿に貶めたんだ。姿が元に戻っても、君の人生は元に戻らない。」
「復讐というものは、太古から人類の歴史の中で幾度となく行われてきた……全ての動物の中で、人間だけに与えられる権利だろう。」
「保の懺悔を聞いた通り、彼は自ら死を望んでいるんだ……。彼を殺さなくて、いいのかね?」


 新一は探索者のほうを見やり、逡巡する様子を見せます(探索者の声かけを促すこと)。
「ファーゴ」と呼ばれた男に向き直ると、

「保には保なりの理由があったんだ……。それを知っている今……俺が彼を殺すことなんて、できない。」

「ファーゴ」は新一の答えを聞くと大きくうなずき、話を続けます。

「そうか……君がそう決めたというのなら仕方ない。」

♪~効果音:銃火器・拳銃08

 乾いた一発の銃声と共に山内保の身体が跳ね、後ろに倒れます。弾丸は正確に眉間を打ち抜いており、いつのまにかファーゴの手に拳銃が握られていることに気が付くことでしょう。

「罪には罰を下さねばならん。この場で君がやらぬというのなら、私がやらねばなるまい。」

 そして探索者たちの方へと振り向くと、今までで最高の笑顔を顔に張り付けながら話を続けます。

「さて、君たちが知りたがっている、新一君を元に戻す方法だがね……術を受けたものが直接術者を殺すことだよ。そして彼の魂はたった今この世から消え去った……。残念ながら、君は死ぬまで……永遠にその姿のままだ!」

 この言葉を聞くと新一は信じられないといった様子で2、3歩と後ずさり、やがて地面に膝を落とします。
♪~効果音:「男性ボイスセットby竜門さん」から「笑い_高笑い」

 探索者の反応を待った後、この世の全てをあざ笑うかのような笑い声を「ファーゴ」は上げながら、

「死を望むものに死を、答えを望む者には答えを与えた。全て望みは叶えられたはずだ!喜べ!矛盾しているぞ!」
「そしてお前たち、よく覚えておくがいい!絶望の内から絶望は生まれない。お前たちの与えた希望が、彼の絶望を生み出したのだ!」


♪~効果音:同じく「笑い_高笑い」にうぅ~が~ご~・・・を合成したもの(こちらは直接ダウンロードしてください)
笑い_高笑いver3 (1).wav
 探索者たちが新一に灯した希望の火が消えると同時にわずかに残っていた彼の理性は崩壊し、去っていくファーゴの嘲笑の中に新一だったものの叫びがこだましていきます。やがて「彼」の姿は再び空間に消え入りますが、彼の声が止むことはありません。町中に響くこの声を、人が聞けば獣の雄叫びだと思うことでしょう。しかし、あなた方は理解しています。この叫び声が……邪悪な意思に弄ばれた、親友の慟哭であることを。

31.スぺクトラル・ハンターとの戦闘
 西条新一が辛うじて繋ぎ止めていた正気の糸は、不可視の慟哭と共に切れてしまいました。戦闘開始です。
 これ以降、スペクトラル・ハンターは辺りに居る人間を無差別に攻撃するだけの存在になり、探索者たちの声はもはや届きません。探索者たちにできることと言えばその場を逃げだすか、おそらくは春香の付けている婚約指輪を外し、破壊して彼の生命を絶つことだけです(これが本当の「婚約破棄」ですね)。
 春香は回避も行動もできない状態であり、指輪を破壊する場合探索者は1ラウンドかけて彼女の手から指輪を外す必要があります。指輪は地面に叩きつける、足ですり潰す、歯で噛むといったように強い力を加えさえすれば壊れるでしょう。指輪を破壊すると爆風のような風が巻き起こり、破壊した探索者はPOWが1ポイント上昇します。
 逃げ出す場合には、スペクトラル・ハンターとのDEX対抗ロールになります。春香をその場に置いていけば探索者たちは確実に逃げ出すことが出来ます。彼女を連れていく場合、DEX0の彼女のDEXとの平均値が対抗値となります。春香の補助は最大で二人までできるでしょう。また、26.視線で《魔眼》の呪文を受けている探索者はDEXロールの成功率が半分になることに注意してください。
 スペクトラル・ハンターが死亡すると、「はるか……」と言い残し、まるで遺灰のように砂となって消えてしまいます。戦闘が終わって気が付くといつのまにか山内保の体や大量の血痕はなくなっており、その跡には血に濡れた一羽の折り鶴だけが残されています。春香は不定の狂気を発症しており、探索者の呼びかけには答えることは出来ません。

32.エンディング
 探索者たちにはシナリオ終了後、いくつかのタイミングで集まることでしょう(そうでなくとも何か機会を見つけて集まってもらいます)。西条新一が死んでいる場合、近親者のみで西条新一の葬儀を行うなどが考えられるかもしれません。集まった探索者たちの前に、一人の少女……山内弥生が探索者たちの前に現れます。下線部のセリフは23.北条製薬セントラル医療センター冒頭の会話で探索者が自ら肯定した場合のみ挿入してください。

「あの……お久しぶりです。私、山内弥生です。お兄ちゃん、ここに来ていませんか?」
「病気が治ったのに、あれ以来一度も会いに来てくれなくて。家にも居ないみたいだし……皆さんの居場所は、さっきお兄ちゃんの友達だっていう外人の人に教えてもらったんです。」
皆さんも確か、お兄ちゃんの友達なんですよね?お兄ちゃんを……探してくれませんか?」


 彼女の問いにどう答えるかは、探索者たち次第です。弥生の「病気」はすっかりと治っており、山内の遺産や社内年金などがあれば、高校生の彼女でも十分一人で暮らしていくことが出来るでしょう。この先も連絡を取り続けることは十分に可能です。
 西条新一が生き残っている場合、事件の残した爪跡から二人は自然と離れていってしまいます(この設定は理由付けができるなら好みで変えて構いません)。しかし、この一件で命を長らえることができた新一と探索者の関係は続き、いつか探索者たちを助けてくれることでしょう。

 スペクトラル・ハンターを放置した状態で逃げ出した場合、その一帯で謎の連続猟奇殺人事件が発生したと報じられることになります。スペクトラル・ハンターは完全に正気を失っているため、探索者たちが特別狙われるといったことはありません。一週間ほど経った後街中で大規模な爆発が起き、何人かの死傷者が出たというニュースが出て以降事件はぱたりと止み、沈静化します。地中に埋まっていた不発弾が爆発したものと報道されますが、現場付近では複数の銃声を聞いたという証言もあり、真相は謎に包まれたままとなります。

33.成功報酬
春香が生き残っている…1d6点回復
新一が生きている…1d10点回復
探索者に死者が出なかった…1d3点回復
このシナリオで呪文を獲得した…〈クトゥルフ神話〉1%獲得
スペクトラル・ハンターに遭遇した…〈クトゥルフ神話〉3%獲得


2018年1月19日ver1.04公開
 1.はじめににて『不可視の慟哭』関連ファイルの公開を開始したほか、14.新一の部屋、16.占い師「N」、21.新一からの電話、22.友人との再会を一部修正しました。


2018年1月25日ver1.10公開
 『不可視の慟哭』関連ファイルの最新版を公開。シナリオの背景設定の変更に伴い、3. NPC紹介、5. 推奨技能 、11. 山内への詰問 、14. 新一の部屋 、16. 占い師「N」 、23. 北条製薬セントラル医療センター 、24. 山内保と北条電信を探る 、25. 山内邸、26. 視線 、27. 最後の会話を一部修正、20. 山内保に関してを大幅に修正したほか、細部の微修正を行いました。


この記事へのコメント

  • @sibawannco

    更新お疲れ様です!
    ものっそい調査調査なシナリオですね!
    ニャル様復権にめちゃくちゃいい感じのシナリオです。最後の妹さんとのやりとりの余韻がいいですね。
    私絶対友達だって嘘言いますよ。

    リプレイとかもあったら是非見てみたいです。
    予想セッション時間は6~9時間ほど、とありますがどんな環境でのセッションでしょうか?
    お答えしていただけたら嬉しいです。

    以下誤字脱字があったところです。
    「若くして臓器が不全状態に陥っていく原因不明の病を10年前に発症し、依頼病院生活を余儀なくされている山内保の妹です。」
    「このシナリオ内の様々な場所で暗躍をするこの神格は、一般にニャルラトホテプと呼ばれ存在です。」

    ではではー!
    2018年01月11日 20:39
  • ぴゅあふる一


    >@sibawanncoさん

    ありがとうございます。今回も私の趣味全開のガチ探索シナリオとなります。黒幕としてのニャルをシナリオ全体に組み込むのは骨が折れました。
    最後の妹とのやりとりは私もお気に入りのシーンです。探索者が自分で自分の首を絞めている様を見て、ニャルはほくそ笑んでいるのでしょうね。
    リプレイですか……可能性があるとするなら、KP記事と自分で呼んでいる、KP視点のダイジェスト版になるでしょうか。何週かに分かれて書くことになりますが、書く記事のリストに入れておきたいと思います。
    予想セッション時間に関しては、どどんとふを用いたボイセ想定の時間になっています。私がプレイした時は8時時間かかりましたが、少ない人数でサクサク進めば最短6時間くらいかなと思います。
    最後に、誤字脱字の指摘ありがとうございます。こういうものは自分ではなかなか気づかないものなので、本当にありがたいです。
    これからも本ブログをよろしくお願い致します。
    2018年01月13日 00:11