秘密持ちシナリオ支援記事~運用ルール編~

今週は前回まで書いていたように秘密持ちシナリオに改造したものを記事として上げようと思っていたんですが、編集作業が終わらないこれまで秘密持ちシナリオに関していくつか記事を書いてきましたが、実際にやるとなるといろいろ考えることも増えるなど少しハードルが高いこともあるので、今回はどのように秘密持ちシナリオ支援記事ということで私がいつも秘密持ちシナリオを回す際に用いている運用ルールを公開しようと思います。現在バージョンは1.2で改善点が見つかり次第修正していきますが、皆さんが秘密持ちシナリオをプレイする際の参考になれば幸いです。
また、おまけということで同時に私が普段用いているハウスルールも公開しようと思います。長いですが、結構ありがちな部分が多めです。
では、本編に入っていきます。今回はネタバレとか特にないのでいつもの文言は省きます。


秘密持ちシナリオにおける基本ルール1.2


各々に配布された秘密の公開は、ロールプレイによってのみ行ってください。
以下に脆弱なニム様作成シナリオ『人狼村』から文章を引用し、これにいくつかの説明と注意事項を加えた上で秘密に関する基本ルールとして運用します。
>『秘密』とはKP側よりPLに与えられた『PCの秘密』である。この秘密にはRPに多少の影響が出る可能性もある。またこの秘密の公開はPLの判断に委ねられ、公開の際にはRPでの公開が必然とされる。ただし公開した場合、PCに不利益な展開になる可能性があり、不用意な公開は自殺行為となるだろう。
>また相手が公開した秘密に関しては『心理学』を行い、成功することで公開した事柄が事実かどうかを判定できる。(真実のようだ等)
>但しあくまで自発的に発言した場合のみ適応され、誘導的に発言させた場合にはあやふやな判定になる。(特に同様は見られないようだ等)
※例:全員で紳士であると独白させる流れにして各自心理学、貴方は変態か?と聞いて心理学等

秘密持ちセッションではteamspeak3とスカイプのKP直通個人チャットを使用します。
※teamspeak3は会話のできる複数の部屋間を簡単な操作で瞬時に移動できるボイスチャットツールです。私の場合セッションを基本的に進行する大部屋を1つ、個別処理や質問用に小部屋を3つほど作って運用しています。
ちなみに、普段私は公開されているフリーサーバーをお借りして利用させていただいています。混雑時は利用者制限などもありますが、個人でも永久チャンネル・サブチャンネルの開設が可能なので便利ですよ。
導入はこちらから

基本的に技能使用は大部屋での宣言とともに公開ダイスで振っていただきますが(以下これを表行動とする)、得られる情報は成功者にのみ渡されます(得られた情報の共有は自由)。
シナリオ中探索者が分かれて行動する場合、シーンを切るために少数派のグループは一度部屋を移っていただくことがあります。
また他者に知られたくない行動(以下裏行動)を行う場合、個人チャットにおいて「~を使用する」と技能値を併記する形で個々に送った後、KPがダイスを振ったうえでその結果をまた個別に伝える、という形をとります。

〇セッション中の基本的な流れ
表行動―(表行動中に各々個別に裏行動を宣言)→裏行動処理→表行動に戻る
このルーチンをシーンごとに繰り返していきます。ただし、簡単な行動の場合は表行動中に基本的には並行して裏行動の処理を個人チャットで行います。
表行動は同じ部屋や同じ場所にいる人を対象にまとめて処理します。個別で行動する理由が特になければ、時間短縮のためなるべく固まって行動するようにしてください。
なお、PCのキャラクターシートは、APPとSIZのみ他プレイヤーに無条件で公開します。

〇セッションにおける注意点
秘密にかかわることだけに限りませんが、後出しじゃんけんの設定は基本的に認めません。秘密が発覚しそうになった時の逃げ道は事前に考えてKPに設定を伝えるなりしておいてください。
また、PL発言においてミスリードを誘うような行為は控えてください。基本的に自分に降りかかった疑いはロールプレイによって晴らしてください(PL発言は心理学を使う余地がないためです)。

以上です。裏行動の迅速な処理のため、KPにはそれなりのタイピング速度が最低限求められます。また、情報開示が成功者のみになり、シーン分けも起こりやすくなることもあって小部屋を行き来する機会が多いので、シナリオ自体の進行に比して普通のシナリオ以上に時間がかかります。時間に余裕を持たせたセッション計画と、テキパキとしたシナリオ運営が緊要です。他に、無指向性マイクを使うPLがいると、誰が裏行動(ないし質問)をしているか発覚してしまう可能性があるという問題があります。完全には解決しにくい問題ではありますが、バレたら即死な行動をする際には静かに入力するよう事前に助言しておきましょう。

秘密持ちのTRPGというと、インセインやシノビガミなんかが有名ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440555132

この記事へのトラックバック